ありがとう人工知能。どのアパホテルでも社長に会える夢のサービス

ありがとう人工知能。どのアパホテルでも社長に会える夢のサービス 1

ファン垂涎です。

先日開催されたスタートアップ企業のミートアップイベント、Slush Aisa。その一画になぜかアパホテルのフロントがありました。

ありがとう人工知能。どのアパホテルでも社長に会える夢のサービス 2

アパホテルだ

フロントと言っても、あるのはディスプレイとマイク、そしてどことなく誰かに似ている女性Bot。「ハロー」と話しかけてみると、チェックイン手続きが始まりました。

今回は英語ですが、日本語にも対応。周囲が騒がしくても、ちゃんと聞き取れてます

実はこれ、Nextremerが開発した人工知能による対話システム「MINARAI」のデモンストレーションなんです。

ありがとう人工知能。どのアパホテルでも社長に会える夢のサービス 3

Image via Nextremer

そしてみなさまお気づきのとおり、受付Botのモデルは、アパホテルの元谷芙美子社長。今回の協力をお願いしたところ、ノリノリでOKでしてくれたそうです。さすがアパホテル。

「MINARAI」の特徴は、人間と人工知能の協業。もしもBotと利用客の会話が破たんしてしまったら、中の人が引き継いで対応できるそうです(さすがに社長ではない)。

残念ながらこちらのデモはコンセプトで、法律の問題から現時点で実際に導入するのは難しいそうです。でも、そのうちどのアパに泊まっても社長に会える日がくるかも…?

source: Nextremer, Slush Asia

(斎藤真琴)