中国のネット工作員が何をやっているのか明らかに。書き込みは意外と人畜無害

中国のネット工作員が何をやっているのか明らかに。書き込みは意外と人畜無害 1

議論はしないで話をそらすだけ。

中国では、政府によるネット上のプロパガンダのために200万人もの人が雇われていると言われています。ただその工作員がネットに書き込んでいる内容は、共産党の賛美とか、オバマ大統領の母ちゃん出べそとか、そういうことではありません。誰かが政府批判していても、それを否定するような発言はせず、単に話題を変えるだけなのです。

ハーバード大学の研究チームが、2014年に中国江西省にあるインターネットプロパガンダ事務局から流出した大量の文書を分析しました。研究チームが発見したのは、工作員たちが政府批判の間違いを指摘しているわけではなく、ただ話の流れを変えるような発言を投下しているということでした。

その工作員たちは、報酬が1メッセージあたり0.5人民元(5毛≒約8円)とされるところから「Fifty Cent Party」(五毛党)と呼ばれています。少ない単価をカバーしようとするかのように、彼らはものすごい量のポストをしています。研究チームの試算では、五毛党員のソーシャルメディア上のポストは年間約4億4800万件に上ります。そのうち53%は政府が管理するサイト上に、残りは他のソーシャルメディアサービス、たとえば中国版TwitterのWeiboなどにポストされたものです。

Gary Kingさん、Jennifer Panさん、Margaret E. Robertsさんの共著による論文には次のようにあります。

これまで、研究者やジャーナリスト、活動家、ソーシャルメディア参加者の圧倒的大多数は、多くの五毛党員が体制やその指導者、彼らの政策を擁護するような議論に参加すべく専心しているものと信じていた。

我々が得た証拠は、その逆のことを示している。五毛党はほぼどのような議論にも参加していない。彼らは、国や体制のシンボル、共産党の革命の歴史などについてチアリーディングすることで、主に気をそらすことに注力している。

「チアリーディング」って何かというと、ここでは「明るくポジティブな発言(ただし深い話には入らない)」くらいの意味で使われています。たとえば彼らが分析したメッセージには、「中央政府が我々をもっと支援してくれるといいな」とか「みんなが良い生活できるなら、チャイナ・ドリームの実現だ!」「カン州がんばれ(訳注:カン州はプロパガンダ事務所の所在地)」といった発言がありました。それらの発言そのものは一見毒にも薬にもなりませんが、政府の国民に対する無関心とか、共産党の腐敗とかについて議論している中に投入されると、まったく違う意味を帯びてきます。

リーク文書からわかったことがもうひとつあります。それは、五毛党員はほぼ政府職員であり、工作員活動は課外活動的なものだったということです。今までの推測では、中国には日々書き込みにいそしむプロパガンダ専任部隊が存在すると思われていたのですが、そうじゃなかったようです。

中国政府のプロパガンダについてはまだわからないことがたくさんあります。たとえば、中国外での世論形成に対しどういう役割を担っているのかということです。でも今回の研究で、プロパガンダの戦術がはっきり見えてきました。人の心を操るには、真っ向から説得するんじゃなく、話をかみ合わせないのが効果的ということでしょうか。

source: Harvard University via Wall Street Journal

Matt Novak - Gizmodo US[原文

(miho)