ドラゴンボール風...?ESAと学生デザイナーたちが宇宙生活のファッションを予測

ドラゴンボール風...?ESAと学生デザイナーたちが宇宙生活のファッションを予測 1

宇宙っぽい...のかな?

軌道上のオートクチュール(Couture in Orbit)」と名付けられたこのファッションショーでは、欧州宇宙機関(ESA)ヨーロッパ5カ国のファッション学校が数カ月に渡りコラボレーションしました。今後さらに進化していくだろう宇宙環境での生活のためのテクノロジーと、オートクチュール・デザインが出会ったらどんなファッションが生み出されるのかを描いたとのこと。

ドラゴンボール風...?ESAと学生デザイナーたちが宇宙生活のファッションを予測 2

先日、ロンドン科学博物館で披露されたこのファッションショーには、英国の学校の他にデンマークのFashion Akademiet、イタリアのミラノ工科大学(Politecnico di Milan)、フランスとドイツのInternational University of Art for Fashionというヨーロッパを代表するファッション学校5つからデザイナーたちが参加しました。

この5つの国は2014年から2016年の間に国際宇宙ステーションを訪れたESA宇宙飛行士たちの出身国となっているそうです。

ESAは、このコラボレーションの難しさは「それぞれの国の文化を表現しながら、魅力的かつ実用的なファッション・デザインを予測すること」だったと述べています。

それぞれの学校は「テクノロジー、環境、イノベーション、健康、栄養」から一つテーマを割り当てられ、日常生活で使用されるデザインを考えなくてはいけませんでした。

ESAにより宇宙で使用できると認可された素材が学生たちに渡されました。素材はBionic YarnとSympatexがスポンサーとして提供したとのこと。また複数の民間企業スポンサーが技術面でのアドバイザーとしても参加したそうです。

ドラゴンボール風...?ESAと学生デザイナーたちが宇宙生活のファッションを予測 3

ちょっと前までは「宇宙ファッション」なんて言われてもまったく現実感がなかったですが、民間企業によるロケット打ち上げがどんどんと発展する今なら、そう遠くない未来のように思えてきます。

SpaceXが宇宙服のデザインに、有名な映画の衣装デザイナーJose Fernandezを雇ったこともニュースになりましたよね。

ドラゴンボール風...?ESAと学生デザイナーたちが宇宙生活のファッションを予測 4

なんだか全体的にドラゴンボール風...? いや私の思い込みですね。

ドラゴンボール風...?ESAと学生デザイナーたちが宇宙生活のファッションを予測 5

もちろん、この服を着てすぐに宇宙で生活ができるという機能を備えているわけではなさそうです。NASAが本当に使用する次世代宇宙服はこちらの記事でチェックできますよ。

images by ESA

source: ESA

Jamie Condliffe - Gizmodo US[原文

(塚本 紺)