風力タービンの間をすり抜ける、スリルしかない飛行映像

あぁ、見ているとドキドキする。ワクワクのドキドキではなくて、不安になるドキドキです。

スリルしかないこの映像。最高時速300kmで、風力タービンの間をぬうように飛んでいきます。パイロットはハンネス・アルヒさん。Red Bullのエアレースで優勝した確かな腕の持ち主です。いくらプロとはいえ、やはりドキドキは収まりません。アニメのような動きですね。

撮影場所は、オーストリアはオーベルジーリングの町にある風力発電所。撮影中はタービンが止まっていますが、もしこれが動いたらと思うと…。想像するだけでゾっとします。空を飛ぶという人間の夢は叶ったというのに、それだけでは足りないのですね。もっと…もっと…、人間ってのは本当チャレンジが好きねぇ。

source: YouTube - Red Bull

Casey Chan - Gizmodo SPLOID[原文

(そうこ)