星の位置を記憶して糞を転がす、意外に壮大でロマンチックなフンコロガシ

星の位置を記憶して糞を転がす、意外に壮大でロマンチックなフンコロガシ 1

あんなに小さな脳なのに、実はとても高度な能力で糞を転がしてました。

フンコロガシ…。プププと笑ってしまうような名前ですが、あなどるなかれ、実は星を使って方角を見ながらまっすぐ糞を転がしているんです。このように、天の川を道しるべにしている生物はフンコロガシだけです。これまで、フンコロガシがどうやって星を使って方角を見ていたのかは謎でしたが、やっと明らかになりました。

フンコロガシはその名の通り、糞を転がします。堆積された動物の排泄物から糞のみを取り出し、それを丸めて転がすのです。それが彼らのごちそうとなります。一生懸命取ってきたごちそうを他の虫に取られないように、フンコロガシはできるだけ早く、最短距離で一直線に移動します。フンコロガシは、ごちそうの糞玉をかなり正確な直線で転がすことができるんです。

星の位置を記憶して糞を転がす、意外に壮大でロマンチックなフンコロガシ 2

数年前スウェーデンのルンド大学の研究者たちは、フンコロガシには体内にある星や月の位置を感知できるコンパスに依存しているということを発表していましたが、フォローアップの研究でフンコロガシは天の川の帯を道しるべにしていることがわかりました。しかし、どうやって星を道しるべとして使っているのかということは、ずっとわからないままでしたが、今回フンコロガシ研究に情熱を注ぐ研究者たちがついにその謎を解いたのです。フンコロガシは、空を見上げてスナップショットのように天体の様子を脳に焼き付けることができるのです

これを証明するために、ルンド大学のBasil el Jundi研究員率いるチームは、夜空を再現したセットにフンコロガシを置いて実験しました。そしてフンコロガシが位置を勘違いするように光の量を調節したり、天体の位置を変えたのです。これによって、フンコロガシが偽物の星や月でも位置を感知できるのかを調べることができるというわけです。

実験の結果、フンコロガシは作られた環境でも、しっかりと位置を感知することができました。なんとフンコロガシは、夜空が物理的に見えない状態であっても、最初に星の位置を見てスナップショットとして脳に焼き付けて、それを頼りにまっすぐ道を進むことができるとわかったのです。しかし星を取り除いたり、星の位置を変更したりすると、位置の感知がうまくできなくなったとのこと。もちろん本物の夜空が曇っていてスナップショットを取れなかった場合も、同じように位置がうまく感知できなくなってしまったそうです。

フンコロガシは糞を転がす前に、まず糞のてっぺんに登ります。そして、縦軸を中心にぐるぐると回って「ダンス」を始めます。このダンスの時に、フンコロガシはスナップショットを撮って、あとで使うために脳に保存しておくんです。そして糞を転がし始める時に、脳に保存してある星空と今の状況をマッチングさせてまっすぐ進むことができるそうです。研究チームは今回の実験結果を、「シンプルだが、直線方向に進むのにとても効率のいいメカニズムだ」と締めくくっています。

まさかあんな小さな体で壮大な夜空を記憶して行動しているなんて、フンコロガシ、かっこよすぎるぞ。

images by Andi Gentsch/Flickr、E. Baird

source: Current Biology

George Dvorsky - Gizmodo US[原文

(リョウコ)