トラック運転手不要? 自動運転で運送業界を変える新会社を元Google社員らが創設

運送業界に激震?

どんなに自動化が進んでいるとはいえ、物流の基本となる荷物の運搬にはまだまだ人間のトラック運転手が欠かせません。大型トラックのハンドルを握り、何時間も高速道路を毎日走り続ける…。その過酷な労働環境ゆえに、悲惨な交通事故が引き起こされる危険性もたびたび指摘されてきました。

なんとかトラック運転手たちが、もっと快適に仕事を続けられないものか? その思いから、このほどGoogleの元エンジニアたちが立ち上げたOttoは、既存のトラックに取り付けるだけで快適な自律走行を実現するシステムの開発を進めていることを明らかにしましたよ!

Ottoの創設にかかわったAnthony Levandowski氏は、Googleの初代自動運転車の開発に携わったエンジニア。また、同じく創設者の1人となるLior Ron氏は、Google Mapsの開発チームを率いた人物としても知られています。ここにAppleやTesla Motorsなどからも優秀なエンジニアが加わり、着々とトラックの自動運転化を実現するシステムの開発が進められてきたそうです。

すでにカリフォルニア近郊の数多くの道路で、センサーのテストを進めながら運転を実施してきた。万が一のためにドライバーを座らせつつ、トラックは自律走行するスタイルや、完全にドライバーなしで数マイルの自動走行も可能であることまで実証されている。

Ron氏は、こんなふうにVolvoのトラック3台に開発中の自動運転システムを取り付けて行なってきたテスト走行の結果を発表しています。Ottoが目指すのは、高速道路上での完全自動運転。長い距離を単調な運転で走り続ける高速走行のみを自動化することで、高速に乗ったら、あとは目的地の出口までは運転手が眠って休息をとり、再び市街に出るとトラック運転手の出番という勤務スタイルを確立できるとしていますよ。市街地走行の自動化は対象外とすることで、より安価にシステムの提供が可能となるとのこと。

自動運転対応の新トラックの開発は、すでに米国内でPelotonDaimlerが先を行っています。とはいえ、完成する新車の値段は、トラック運転手の人件費が浮くことを換算したとしても、割には合わない非常に高額なものになることが予想されるでしょう。一方、もっとも長距離運転で障害となる長時間の高速運転だけを自動化し、どんなトラックにでも後付けできるシステムの提供を目指すOttoは、そのアイデアが高く評価される展開になるかもしれませんよね~。

source: Backchannel

Jamie Condliffe - Gizmodo US[原文

(湯木進悟)