Facebookのタグ付けは違法? ユーザーの意向を無視との不利な判決

Facebookのタグ付けは違法? ユーザーの意向を無視との不利な判決 1

勝手に変な機能を付けないで…。

いまやSNSのスタンダードとして、日本でも世界でもユーザーが増え続けているFacebook。でも、昔から使ってきたユーザーにとっては、いつしか知らないうちに自分の顔が認識されはじめ、アップロードした写真に「○○さんをタグ付けしますか?」と尋ねられるようになって困惑したという人も少なくないのでは? どんどんと精度が上がって、集合写真の片隅に写る自分まで、次々とタグ付けされていってる始末ですものね。

プライバシーの保護には敏感なアメリカで、この「Facebookの顔認証」がいま大問題となりつつあります。すでに複数のユーザーが明確な同意を求められることなく、自分のバイオメトリックデータをFacebookに保存され、悪用されてしまったとして、同社を提訴済み。日本ではゴールデンウィークの真っ只中、先週に出された最初の判決で、FacebookはBIPA(Biometric Information Privacy Act)の法律に違反しているとの判断がされたとネタ元のCNETが報じています。

ワンクリックでサインアップを済ませ、サービス規約にまで同意してアカウントが作成されてしまうFacebookのスタイルでは、規約の合意事項について十分な説明を行ない、ユーザーが本当にその内容へ心から同意できる状態になっているのかどうか、大いに疑問である。

今回の集団訴訟において、James Donato判事は、このような見解を発表しました。Facebookとしては、もしユーザーが自分の写真が顔認識されるのを好まず、タグ付けの対象から外されることを望む場合、そのように設定を変更できるようにはしています。しかし、大抵のユーザーはそんなことすら知らず、いつのまにか顔認識が有効になっているというのが現状のようです。少なくとも同裁判では「Facebookのユーザーへの説明は不十分」との判断が示された形ですね。

実はFacebookは、自社サービスがBIPAの定めるプライバシー保護方針にそもそも違反していないとのスタンスで弁論を繰り返してきました。指紋を始めとするバイオメトリックデータを勝手に企業が収集することこそ禁じられてはいるものの、写真データの保存活用はBIPAの適用外のはずです。でも、現実問題としてFacebookは写真から"顔紋"に匹敵するバイオメトリックデータの収集を進め、タグ付けに用いてきたとして、同社の主張は退けられていますよ。

まだ同訴訟は結審していないため、すぐにFacebookの違法性が確定したわけではないものの、新たに示された判断がFacebookにとって手痛い打撃となることは間違いないでしょう。なお、Facebookのプライバシー保護方針がユーザーにはわかりにくいとの苦情はいまに始まったことではなく、再び見直しを求められる展開となるかもしれませんね〜。

source: CNET

Carli Velocci - Gizmodo US[原文

(湯木進悟)