FBIが使ったiPhone解除方法、なんだかんだ再び使えるみたいよ

FBIが使ったiPhone解除方法、なんだかんだ再び使えるみたいよ 1

あれ、1回こっきりって話じゃなかったっけ?

第三者にiPhone解除方法を依頼することで、ある意味で終戦となったApple vs. FBI問題。提供された解除方法は、問題となった端末に1度きりしか使わないという話でしたが、どうやらそうでもないようです。

ネタ元のReutersが、米国政府関係者から得た情報として報じたところによりますと、サンバーナーディーノ銃乱射事件の犯人のiPhone解除に使用されたハッキング方法は、これと同じ条件の端末ならば、再び使用可能だということです。つまり、iOS 9のiPhone 5cならば、何度でもイケるということ。

この政府関係者いわく、アンロックのためのメカニズムはFBIが所持しており、他の端末にこれを使ってもハック法を生み出した開発元に追加支払いの必要はないといいます。また、方法は手中にあるが、その仕組み自体はよくわかっていないとも語っており、どういう状況なのか詳しいことはわかりません。

また、同ソースから、解除のため支払った額は100万ドル(約1億600万円)未満だという情報もよせられており、先日のFBI長官のコメントから推測された約130万ドル(約1億5,000万円)とは、多少食い違うことになります。まぁ、どちらにせよ、100万ドル前後という大金なのは間違いないのでしょうけれど。

食い違うといえば、これまたReutersが先日報じたもので、ハッキング方法は開発元が独占的所有権をもっているというのもありましたね。いや、そもそも開発元がイスラエルのセキュリティ会社という話も、「らしいよ」という確証のないもの。

この件に関しては、公にされていないことが多く、謎が謎をよんでいる状態ですね。今回の「再び使えるらしいよ」という話もふくめて、鵜呑みにはできませんな。まぁ、使えたとしても、iPhone 5cのiOS 9なんだがな。

(5/2 18:20追記)

文中に数値の誤りがありましたので訂正いたしました。お詫び申し上げます。

source: Reuters

Jamie Condliffe - Gizmodo US[原文

(そうこ)