Googleがメッセージ画面を離れず、検索してリンクが送れるiOSキーボード「Gboard」をリリース

Googleがメッセージ画面を離れず、検索してリンクが送れるiOSキーボード「Gboard」をリリース 1

iOSの標準キーボードってそこまでいいものじゃないですよね。Microsoftは未来的な片手打ちキーボードで文字入力をもっとやりやすものにしようとしています(しかもまともに機能するんです!)が、Googleも負けていません。Googleは新たなキーボードGboardで革新をもたらそうとしています。これがまた便利なんです。

表面的には、GboardはそこまでiOSの標準キーボードとは変わってはいません。でもGboardの一番の売りは、そのナカミ。リンクやアドレスをメッセージアプリから離れてコピー&ペーストするわずらわしさ、これをなくしてしまうキーボードなんです。メッセージ画面から離れることなく検索でき、検索結果はカードとして表示され、1タップでメッセージに追加できるようになっています。

検索はリンクなどだけではなく、絵文字にも使えます。検索語句は厳密ではなくても大丈夫、なので直観的にぴったりの絵文字を探すことができます。そのほかにも、

・ほとんどの絵文字は2,3文字入力しないと意味のある検索結果が出ない。iOSのように標準で「よく使われている」絵文字がでるといいかも。

・具体的な検索語句にしても結果は変わららない。「Red dress」(赤いドレス)と入力しても、ほとんどが赤い絵文字ではあるものの、ほとんどがドレスとは関係ない絵文字ばかり。

・「hate」(嫌い)で出てくる絵文字は奇妙なレモン頭の赤ちゃんのみ…

Googleがメッセージ画面を離れず、検索してリンクが送れるiOSキーボード「Gboard」をリリース 2

なぜ「hate」でこいつが出てくるんだ…

Gboardにはほかにも使わなさそうなたくさんの機能まで詰め込まれています。例えば上記以外の機能としては、GIFや写真の検索や、Glide入力(指を離さずタイプする機能)などがあります。でも一番の皮肉は、文字入力をしながら検索して貼り付けるということがGboardの売りなのに、住所に関しては優れたGoogleのマップではなく、Appleのマップで出してしまうんです。また、iPhoneで登録した入力辞書もGboardの予測変換ででてくるのはうれしい驚きでした。

入力画面では、メッセージを入力するところと、検索するところ、この二つの入力バーが出てきます。そのため、入力するところを間違えて、検索するかわりに相手に「skateboarding dog reaction gif」(スケボする 犬 リアクション gif)なんてメッセージを送っちゃったりすることもあるでしょう。完璧なキーボードとはいきませんが、GboardはiOSの標準キーボードよりも優れた代用キーボードではあるようです。

Image: Giphy

source: iTunes

Bryan Menegus - Gizmodo US[原文

(abcxyz)