人工ヒトゲノムを作る会議が極秘裏に開かれていた

人工ヒトゲノムを作る会議が極秘裏に開かれていた 1

いつの間にか人造人間が作られてそうで、心配。

5月12日、研究者や弁護士、起業家など総計約150人がハーバード・メディカルスクールに集まり、人工ヒトゲノム作成についてのカンファレンスが行われていました。そのカンファレンスは完全招待制で、報道機関は呼ばれていませんでした。さらに参加者も、カンファレンス内容について口止めされていました。重いテーマの話がこっそり進んでいるみたいで、心配です。

人工ヒトゲノムを作り出すというアイデアは、遺伝子編集とはまったく別物です。遺伝子をちょちょっと切り貼りするなんて話じゃなく、化学薬品を使って、人間のDNAすべてを作ってしまおうというのです。人工ゲノミクスでは、自然に存在する遺伝子を編集するのではなく、カスタムデザインの塩基対を作りだしてしまいます。これによって自然が生み出す塩基対に縛られることがなく、作り出されるヒトの可能性は大きく広がります。

現在、人工ゲノミクスは特殊な微生物や動物を作る手段であると考えられていますが、その先には人間の創造がありえます。生物学的な親を持たないカスタムデザインの人間、または人間のようなものを作りだしてしまうのではないかという懸念が出てきます。真剣な議論が必要な話だと思われますが、でも先週のカンファレンスは、むしろひっそりと、内輪で行われていたんです。

The New York Timesによると、ハーバード・メディカルスクールの会議では、出席者は「メディアにコンタクトしたり、会議についてツイートしたりしないように」とまで言われていたのです。

でも、ハーバード・メディカルスクールの遺伝子学教授で、このカンファレンスを主催したGeorge Churchさんは、こそこそ集まったみたいな捉え方は誤解だと言っています。いわく、このカンファレンスのテーマは人工ヒトゲノムではなく、DNAの作成手法全般の改善に関するものだったそうです。

でもNew York Timesではさらに、Churchさんたちのプロジェクトの名前に注目しています。それは元々「HGP2」、Human Genome Synthesis Project(ヒトゲノム合成)を略したものでした。カンファレンスへの招待状にも、プロジェクトのゴールは「10年以内に株細胞の中で完全なヒトゲノムを人工で作ること」とありました。が、その後カンファレンス名が「HGP-Write:細胞内での大きな合成ゲノムの実験」と変更されたのです。変更の理由について、彼らは「元の名前は報道されやすくするためだった」と説明しています。最初は大々的に打ち上げるつもりでいて、途中でこっそり行こうということに変わったんでしょうか? よくわかりません。

Churchさんはカンファレンスを公開しなかった理由も説明しています。その理由とは、彼のチームが学術誌に論文を投稿していて、その発行日までは彼らのアイデアを公の場で議論できなかったから、というものです。でも論文を投稿中の段階で、そんな大事なトピックの会議を開いてしまうのも不思議です。その説明が事実だったとしても、報道機関に声をかけなかったのはどうなんだろうという気がします。というのは、報道禁止期間を守った上で報道機関が非公開の論文を読ませてもらうということは普通にあるからです。

Churchさんは上にも書いたように10年以内に細胞内で完全なヒトゲノムを作ることを目指していて、それはかなりの野望です。この手の話で一番新しいところでは、Craig Venterさんたちのグループがシンプルなバクテリアの細胞を人工で作りだすことに成功しています。でも人間の細胞はもっと複雑で、10年以内という目標も非現実的に思えます。ただ少なくとも、考える時間はかなりあります

人工ヒトゲノムに関してはまだコンセンサス形成には程遠く、これからもっとみんなが興味を持って考えなきゃいけない問題です。上記のNew York Timesの記事も興味深いですし、そこで触れられているCosmos Magazineの記事も考えさせられます。これは、ハーバード・メディカルスクールのカンファレンスに招待され、あえて出席を辞退したスタンフォード大学のDrew Endy准教授とノースウェスタン大学のLaurie Zoloth教授による論考です。

現在の世界では、卵子や精子、受精卵が価格を持ち、人の生殖がすでに市場になっている。その中で、人工ヒトゲノムをよりおかしな目的で使おうとするのは簡単だ。

たとえばアインシュタインのゲノムを分析し、それを人工で作るのは問題ないのだろうか。もしそうだとしたら、アインシュタインのゲノムはいくつ作られ、細胞に埋め込まれ、誰がそれを作るのだろうか?

一歩引いてみると、何かが可能になったからといって、それを追い求めることが正しいかどうかについてはいかにアプローチすべきなのだろうか。

ヒトゲノム合成とは、種としての人類全体のコアを作り変えうる技術である。とすると、そのような能力の創造に関する議論、つまり今日のハーバードでのカンファレンスのようなものを開くなら、前進することが道義的に正しいかどうかについてオープンかつ先見的な考察がなくてはならないと考える。

米GizmodoではChurchさんや会議の参加者にコメントを求めていますが、記事翻訳時点で回答はまだありません。

source: New York Times, Cosmos Magazine

(miho)