シャア・アズナブルは、なぜあんなにややこしいのか?

Sponsored

シャア・アズナブルは、なぜあんなにややこしいのか? 1

それも若さゆえなのでしょうか?

国民的アニメ、「ガンダム」シリーズ。初代と呼ばれる「機動戦士ガンダム」が放送された1979年から今年で37年になりますが、今でもシリーズは続いているため、人それぞれの「思い出に残るガンダム」があります。

そう、ガンダムは世代を超えて共通の話ができる文化の1つ。さまざまなガンダム作品があり、さまざまなキャラクターが登場するので、時にはキャラクターの魅力について語る日もありますよね。そうなると、たいてい登場する奴の影……。

赤い彗星 シャア・アズナブル。

彼ほどの知名度になると、まったく知らないという人はあまりいないはず。どの作品に登場するどんな人物なのか?をスラスラと言える人もいるでしょう。

しかし、なぜシャアがそこまで人気なのか?を一言で説明するのは難しい……。なぜだ!

ややこしい」からさ。

ぶっちゃけて言うと、シャアはややこしい設定かつややこしい性格のキャラで、とにかくややこしいのです。しかし、ややこしいからこそ名言や名シーンが多く、強烈に記憶に残ります

シャア・アズナブルは、なぜあんなにややこしいのか? 2

そこで、第3話「機動戦士ガンダム THE ORIGIN III 暁の蜂起」が上映開始間近の、初代ガンダムの前時代を描くOVA「THE ORIGIN」シリーズをもとに、なぜシャアがあんなにややこしくなったのか? 彼の魅力であるややこしさを紐解いていきましょう。

「でも僕はジオン・ズム・ダイクンの子だ!」

シャア・アズナブルは、なぜあんなにややこしいのか? 3

シャアの物語は、宇宙コロニー・サイド3「ジオン共和国」の首相であるジオン・ズム・ダイクンの子、「キャスバル・レム・ダイクン」としての時代から始まります。シャアの本名は、キャスバル・レム・ダイクンということですね。

偉大な父親の背中を見る子ども、そして志半ばに不遇の死を遂げた父にかわり、自分が母や妹を守らなくてはいけないという使命感。父の遺志を引き継ぐ、誇り高き心が彼を成長させていきます。宿敵であるザビ家の1人、キシリア・ザビに拘束されて屈服を強要させられても、キャスバルは毅然たる態度で強くそれを拒否するのです。

初代「機動戦士ガンダム」の第1話で、アムロ・レイが操縦するガンダムが立ち上がったのと同じように、THE ORIGINシリーズの第1話「機動戦士ガンダム THE ORIGIN Ⅰ 青い瞳のキャスバル」では、シャアの「心」が立ち上がります

しかし、心を奮い立たせたと同時に、心の安らぎの向かう先は……。女性に母の面影を求めるマザーコンプレックス的な性格はこの時期に生まれたのではないでしょうか? 甘え上手な妹と違い、不器用なシャアは母の愛情を求めることができませんでした。

犬の鳴き声が止んだ……

シャア・アズナブルは、なぜあんなにややこしいのか? 4

舞台はORIGINシリーズの2作目「機動戦士ガンダム THE ORIGIN Ⅱ 哀しみのアルテイシア」へ。

新たな名前「エドワウ・マス」を名乗り、地球へ避難したシャアとアルテイシア(彼女は以降「セイラ・マス」を名乗る)。これまで謎だったシャアの2つ目の名前がORIGINシリーズで、映像として初めて描かれます。

初代「機動戦士ガンダム」の次作「機動戦士Zガンダム」でシャアが名乗っていた「クワトロ・バジーナ」の「クワトロ」は「4」を意味するため、4つ目の名前だと言われてきました。となると、1つ目が本名の「キャスバル・レム・ダイクン」で3つ目が「シャア・アズナブル」になるわけですが、2つ目の名前はずっと不明だったのです。

シャアは地球で平穏な日々を過ごしますが、突然の襲撃でそれにも終わりが訪れます。 唯一の肉親であるアルテイシアを守るべく、命をかけて奮闘するシャア。この頃からニュータイプの片鱗とも言えそうな、危機を察する能力に長けている姿が見られます。

エドワウ・マス!

シャア・アズナブルは、なぜあんなにややこしいのか? 5

続く危機を避けるべく、シャア(当時エドワウ・マス)はアルテイシア(セイラ・マス)とともにテキサスコロニーへ移住することに。その地でシャアは自分そっくりの青年、アズナブル家の長男である「シャア・アズナブル」と出会います。ややこしくてごめん。

この時期では、たくましく成長するシャア(キャスバル)が自分の中での「正義」と「悪」をしっかりと確立し、目標のための一歩を踏み出す覚悟を持つ姿が描かれます。おそらく、この頃のシャアの頭の中にはキーパーソンであるシャア青年との関係づくりや、その後の自分の身の振り方、そしてさらにその先の、いわゆる1年戦争へのビジョンが見えていたのではないでしょうか? そして…

なぜ「シャア・アズナブル」と名乗るようになったのか?

これまで語られなかった、シャア・アズナブルの誕生秘話がついに明らかに! 同じ顔と名前が増えていよいよややこしくなってきますが、重要なシーンが続きます。

やはり君は坊やだ

シャア・アズナブルは、なぜあんなにややこしいのか? 6

「機動戦士ガンダム THE ORIGIN III 暁の蜂起」で彼はいよいよ、ジオンへと戻ります。しかし、キャスバル・レム・ダイクンではなく、エドワウ・マスでもなく、シャア・アズナブルとして。そして彼を待っていたのは、宿敵の1人であり偽りの親友、ガルマ・ザビとの運命の出会いでした。

シャアの精神力と体力の高さ、そして仇討の相手の1人とあえて仲良くするという計算高さ。胸に秘めた野望は誰にも語られることなく、雫で水をためるかのように着々と進められていくのです。

完璧と感じられるシャアの立ち振る舞いはこの頃から発揮されています。特に見逃せないのが、どんな人をも魅了するであろう壁ドンならぬ「杭ドン」がガルマきゅんのハートに炸裂!するシーンでしょう。これは惚れる……。

案の定ヤられてしまったガルマきゅんはシャアの部屋を訪れ、とんでもないことを言い放つのです……。ああ、もうガルマきゅん坊やすぎ♪

あれは何だい?ガルマ

シャア・アズナブルは、なぜあんなにややこしいのか? 7

ガンダムといえば、巨大な人型の有人機動兵器「モビルスーツ」の存在が欠かせませんが、「THE ORIGIN」のⅠ~Ⅲはまだモビルスーツの開発が成功する前の話。

ガルマと偽りの友情を築いた頃、シャアは秘密裏に開発されていた「モビルワーカー」の姿を目撃します。そして今後、戦争の姿が変わることを予想する先見の明を発揮。将来的には自分が操縦することを確信している表情を見せます。

「THE ORIGIN」シリーズでは、シャアのややこしさが紐解かれているとともに、モビルスーツの歴史も語られているのです。

私はシャア・アズナブルだよ

シャア・アズナブルは、なぜあんなにややこしいのか? 8

シャアの重要な謎がまた1つ、ここで解かれます。それは、彼がおなじみのゴーグル(仮面)を身につけるようになった理由

なぜシャアはあんな仮面をつけるようになったのか? そして、なんで周囲はそれをスルーしているのよ?という、ある意味、ガンダム史上最も謎だった設定の理由が明かされます。

この時、シャアは言葉巧みに周囲を先導し、後に「暁の蜂起」と呼ばれる軍事行動を起こしています。仮面をかぶると同時に、いよいよシャア・アズナブルとして、キャスバル・レム・ダイクンを内に秘めた彼の戦いが動き始めます。

「暁の蜂起」は後に1年戦争のきっかけとなると同時に、彼自信のキーカラーとなる「赤」へのイメージが見出される戦いとなるのです。

マスクをしているわけはわかるな、私は過去を捨てたのだよ

シャア・アズナブルは、なぜあんなにややこしいのか? 9

――宇宙世紀0079。地球からもっとも遠い宇宙都市サイド3はジオン公国を名乗り、地球連邦政府に独立戦争を挑んできた。

暁の蜂起から数年後、いよいよおなじみの姿のシャアが登場。アニメ「機動戦士ガンダム」で描かれている1年戦争で、主人公アムロ・レイのライバルであり、物語のもう1人の主人公としてシャア・アズナブルは現れます。

臥薪嘗胆、苦渋を飲み、耐え、ややこしい経歴のややこしい性格の男となったシャア・アズナブルが計略を実行に移す日が、ようやく訪れるのです。

その中でシャアはやっぱりややこしい発言や行動、そして意味深なセリフを多々残していきますが、このややこしさこそが間違いなくガンダムを盛り上げている要素の1つです。

シャア・アズナブルはなんであんなにややこしいのか?

今回は「THE ORIGIN」シリーズの中から、その理由を探してみましたが、ここで語りきれなかったややこしさも彼は多様に秘めています。そして、そのややこしさを知れば知るほど、より魅力的に見えてくるのです。

シャアが現在も多くのファンから愛され、ガンダム史上最も有名なキャラクターで居続けている理由も、きっと彼のややこしさにあるのでしょう。

DVD/Blu-rayが発売中「機動戦士ガンダム THE ORIGIN Ⅰ 青い瞳のキャスバル」「機動戦士ガンダム THE ORIGIN Ⅱ 哀しみのアルテイシア」、そして6月10日に発売されるシリーズ最新話「機動戦士ガンダム THE ORIGIN III 暁の蜂起」で、シャアのややこしさを見極めてみるというのも、ガンダムの楽しみ方の1つとして面白いです。

僕は実際に「THE ORIGIN」シリーズを見て、シャアという人物をわかっていたようで全然知らなかったんだなぁ……ということに気づきました。ほんと、知れば知るほどややこしい。でも、そこがかっこいいんだよなぁ。

©創通・サンライズ

source: 機動戦士ガンダム THE ORIGIN 公式サイト, BANDAI VISUAL CLUB

小暮ひさのり