ヒップホップオタクが事件に巻き込まれる青春コメディ映画「DOPE/ドープ!!」が日本公開決定

ヒップホップオタクが事件に巻き込まれる青春コメディ映画「DOPE/ドープ!!」が日本公開決定 1

悪そうなやつはだいたい友達……じゃない

90年代ヒップホップ・オタクの主人公マルコムがアンダーグラウンドなパーティーをきっかけに、どんどん「ドープ(ヤバイ、最高、かっこいい、薬物の意味)」な世界に染まっていく青春コメディ映画「DOPE/ドープ!!」の日本公開が決定しました。

まずは、Open Road Filmsに公開されている海外版の予告編をご覧ください。

あらすじ:友だちとバンド活動をしている90年代ヒップホップ・オタクのマルコムは、恋する女の子のナキアを追いかけてドラッグディーラーであるドムの誕生日パーティーへ参加するが、そこで事件に巻き込まれてしまう。マルコムを待ち受けていたのはトラブル続きの「ドープ」な世界だった――

本作では、ヒップホップ好きが一度は憧れる「悪いこと」に実際に直面してしまったオタクの主人公の行く末が、ユーモラスに描かれています。

舞台は監督のリック・ファムイーワが幼少期を過ごした、ロサンゼルスのイングルウッド。昨年公開された映画「ストレイト・アウタ・コンプトン」の舞台としても登場した犯罪多発地域です。

しかし、そんな舞台で展開される物語にもかかわらず、本作は爽やかな作品。というのも、ファレル・ウィリアムスがプロデュース、楽曲提供をしているんです。まさに、世界中で「Happy」旋風を起こした彼ならでは。もともとヒップホップのプロデューサーとして名を馳せたファレルなので、ヒップホップ要素もしっかりあります

また伝説のラッパー、ノトーリアス・B.I.G.を輩出したBad Boy Entertainmentの社長、ショーン・コムズも製作に加わっているほか、出演者には人気ラッパーのA$AP Rockyも名を連ねています。

ヒップホップオタクが事件に巻き込まれる青春コメディ映画「DOPE/ドープ!!」が日本公開決定 2

ポスター

ヒップホップにはどうしても悪そうなイメージがありますが、この映画は「純粋にヒップホップという音楽が好きなんだ!(悪いのもちょっと憧れるけど)」という気持ちを代弁してくれる作品です。

オタクが直面リアルな「ドープ」、信じて進めば見えるぜ「ホープ」!

映画「DOPE/ドープ!!」は7月30日(土)より、渋谷HUMAXシネマにて、シネマート心斎橋ほか全国順次公開。

(c) 2015 That's Dope, LLC. All Rights Reserved.

source: 「DOPE/ドープ!!」公式サイト, YouTube

(K.Yoshioka)