親愛なる隣人「スパイダーマン」のテレビ&映画での変遷

「スパイダーマン」の変遷

日本で最も有名なアメコミヒーローの歩み。

スタン・リーが1963年に発表してから、2016年の今でも愛され続けているクモ男なスーパーヒーロー「スパイダーマン」。

そんな彼が、世界各国の映画やテレビで登場した場面の数々をまとめた動画が公開されています。スパイディの進化の変遷をご覧ください。

レオパルドンが登場する日本版は有名ですが、まさかトルコでも怪しげな(?)リメイクがあったとはビックリです。しかもキャプテン・アメリカまで登場!

以下は、全登場作品のリストです。

・「SPIDER-MAN」(1967年):アニメ
・「3 DEV ADAM(TURKISH SPIDER-MAN」(1973年):実写
・「THE ELECTRIC COMPANY」(1974年):実写
・「SPIDER-MAN」(1977年):実写
・「SPIDER-MAN STRIKES BACK」(1977年):実写
・「スパイダーマン(特撮テレビドラマシリーズ)」(1978年):実写
・「SPIDER-MAN THE DRAGON'S CHALLENGE」(1979年):実写
・「SPIDER-WOMAN」(1979年):アニメ
・「SPIDER-MAN」(1981年):アニメ
・「SPIDER-MAN AND HIS AMAZING FRIENDS」(1981年):アニメ
・「SPIDER-MAN AND HIS AMAZING FRIENDS」(1981年):アニメ
・「X-MEN: THE ANIMATED SERIES」(1994年):アニメ
・「SPIDER-MAN: THE ANIMATED SERIES」(1994年):アニメ
・「SPIDER-MAN: UNLIMITED」(1999年):アニメ
・「SPIDER-MAN」(2002年):実写
・「JACK BLACK: SPIDER-MAN」(2002年):実写
・「SPIDER-MAN: THE NEW ANIMATED SERIES」(2003年):フルCGアニメ
・「SPIDER-MAN2」(2004年):実写
・「IRON MAN ADVERTORIALS」(2007年):フルCGアニメ
・「SPIDER-MAN3」(2007年):実写
・「SPIDER-WOMAN, AGENT OF S.W.O.R.D.」(2009年):モーション・コミック
・「THE SPECTACULAR SPIDER-MAN」(2009年):アニメ
・「FAMILY GUY」(2012年):アニメ
・「そんなガキなら捨てちゃえば?」(2012年):実写
・「ロボットチキン」(2012年):ストップ・モーション
・「THE AMAZING SPIDER-MAN」(2012年):実写
・「THE AVENGERS: EARTH'S MIGHTIEST HEROES」(2012年):アニメ
・「LEGO MARVEL SUPER HEROES: MAXIMUM OVERLOAD」(2013年):フルCGアニメ
・「MAD, THE PERKS OF BEING A WALLCRAWLER」(2013年):フルCGアニメ
・「PHINEAS AND FERB: MISSION MARVEL」(2013年):アニメ
・「ディスク・ウォーズ:アベンジャーズ」(2014年):アニメ
・「THE AMAZING SPIDER-MAN 2」(2014年):実写
・「サタデー・ナイト・ライヴ」(2014年):実写
・「HULK AND AGENTS OF S.M.A.S.H.」(2015年):アニメ
・「LEGO MARVEL SUPER HEROES: AVENGERS REASSEMBLED」(2015年):フルCGアニメ
・「MARVEL'S AVENGERS ASSEMBLED」(2015年):アニメ
・「ULTIMATE SPIDER-MAN」(2016年):アニメ
・「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」(2016年):実写

動画で紹介されているのは38本の映像作品ですが、たとえばジャック・ブラック版はMTVムービー・アウォードのためのパロディですし、「ファミリー・ガイ」もカメオ出演です。マーベル関係ではない作品をカウントすべきかどうかは微妙かもしれませんが、知っておいて損はない姿でしょう。

この先まだ何十年も、親愛なる隣人は派生し続けていくと思われます。映画の新シリーズも控えているスパイダーマンが、今後どんな活躍を見せてくれるのか、楽しみですね。

source: YouTube

Andrew Liptak - Gizmodo io9[原文

岡本玄介