ヤモリの魔法のフォース「ファンデルワールス力」が究極のお掃除ツールに

ヤモリの魔法のフォース「ファンデルワールス力」が究極のお掃除ツールに 1

どんなホコリも逃さない…!

NASAも注目しているヤモリの足の吸着力、ただ壁にくっつくだけではなくて掃除にも使えるようです。ヤモリが垂直な壁を登れるのは足の裏がベタベタしているから…ではないんですね。実は足の裏に微かな毛のような突起物がたくさん生えていて、その毛が生みだすファンデルワールス力を利用して壁にくっついているんです。

ファ、ファンデルワールス力…?

NASAによる説明をこちらの記事から引用してみましょう。

原子核の周りを回っている電子は均等に配置されていないため、わずかな電界が発生し中性分子にプラスとマイナスが発生します。プラスに帯電している部分は近くにある分子のマイナスに帯電している部分を引きつけます。その結果「くっつく」ということが起きます。しかも極限の温度、圧力、放射能のもとでも、このくっつく力は持続します。

ベタベタによる吸着力ではなく電気的な吸着力なんですね。

このファンデルワールス力を生み出すヤモリの足、イェール大学の研究者によると捉えるのが難しい微細なホコリも吸着してくれるそうです。そこで研究者たちはこの極小の構造を真似た素材を作り出したとのこと。ポリジメチルシロキサンと呼ばれるポリマーによる一枚のシートは、表面に直径2ミクロンから50ミクロンの突起物を備えています。

このシートはヤモリの足とは違って、シート自体がどこかにくっついてしまうほどの吸着力は持っていません。ですが、細かいホコリの粒子を吸着するほどの力はあるそうです。下の画像では50ミクロンの突起物にシリカ粒子がくっついている様子が確認できます。研究はACS Applied Materials and Interfacesに発表されました。

ヤモリの魔法のフォース「ファンデルワールス力」が究極のお掃除ツールに 2

image by Vanderlick Lab

この素材を使って、さまざまな表面でテストしてみたところ、表面に傷をつけず効率的にホコリを吸着できたそうです。芸術作品の手入れなどを念頭に置いたプロジェクトだったそうですが、何にでも応用できる可能性が見えたとのこと。我々の家の掃除にも使えるプロダクトが登場するかもしれませんね。

Top image by Oregon State University

source: ACS Applied Materials and Interfaces via Futurity

Jamie Condliffe - Gizmodo US[原文

(塚本 紺)