【考察】「シャークネード」が実際に発生する可能性はある!

シャークネード 可能性 考察

チェーンソーで迎撃する練習が必要かも!?

シリーズ4作目の「シャークネード:フォースの覚醒」がアメリカでは放送目前のサメ竜巻映画シャークネード」。

ディザスター映画にしてもハチャメチャな設定ですが、サメを陸へと飛ばす竜巻が本当に起こる可能性はあるのでしょうか?

以下の考察映像をご覧ください。

これはWorldWideInterwebが取り上げた、The Film Theoristsの動画でした。

可能性についてはいくつかの項目を考える必要がありますが、まず世界各国に空から魚やカエルが降ってきたという記録はあります。

日本でもニュースで流れていたので、記憶にある人もいるかもしれません。ちなみにブラジルではクモが降った例もあるとか……。

シャークネード 可能性 考察

地上に魚類が降る可能性はアリ

1858年に起きたと言われているサンディエゴ・ハリケーン、そして2004年から2012年までに8つ過去60年間に42もの竜巻がロサンゼルスで起きているという記録があります。つまり、トルネードそのものがL.A.に直撃する可能性はゼロではありません。

しかし、カエルや魚以上に重いサメを竜巻が吸い上げるなんてことはありえるのでしょうか?

シャークネード 可能性 考察

ロッキー山脈からやってくる

藤田スケールという竜巻の強度を分別する等級から判断するに、過去にL.A.でも記録されているF-2級の竜巻が起これば、ホオジロザメを持ち上げる可能性はあるそうです。

それくらい強烈な竜巻であれば、海水を持ち上げるほどの力があるので、生きたサメを地上まで運ぶことも可能なのだとか。

シャークネード 可能性 考察

海水と一緒なら竜巻の中でもエラ呼吸が可能

もし本当に起こったら大惨事ですが、いろいろな条件から見ると「シャークネード」の発生は科学的に不可能ではないようです。

いつか天気予報で「本日は曇りのちサメ」という日が来たら笑えないので、サメ竜巻は映画の中だけで吹き荒れることを祈ります。

source: WorldWideInterweb via YouTube, ウィキペディア

岡本玄介