完璧な氷を作るのは、なかなか大変

ただ水を凍らせたらいいっていう話ではないのです。

氷って入れるだけで、飲み物がちょっと美味しくなる気がしませんか。あ、でもビールとオレンジジュース以外ですけど。でも結局のところ、氷はただの凍った水。そんなただの氷を一段上のレベルへ持って行ったのがアリゾナ州のバー、Bitter & Twisted Cocktail ParlourのRoss Simonさん。

Rossさんはドリンクに入れる氷は、完璧に曇りも陰りもない透明であってほしいとのこと。そりゃもちろんそうですね。完璧な透明度を持った氷は、カクテルを美味しく見せるだけでなく、できるだけ氷が溶けないようにすることもできるそう。

Andrew Gooiさんの作った動画で、どのように完璧な氷が作られるのかがみられます。Rossさんのバーでは、ナノレベルまでろ過された水と空気が入らないように全体を凍らせる方法を使って氷を作っているそうです。そして43時間凍らせたあと削り、7.6センチの塊になるまで小さくされたあと、手で球体に整えられます

どうせ溶けちゃうのにって思ってしまうのが凡人の考え方なのかもしれませんが、氷ひとつにここまで手間をかける情熱はすごいですね。普通の氷と味が違うのか確かめてみたい気がします。

Casey Chan - Gizmodo SPLOID[原文

(リョウコ)