楽しみ! iPhone 7 Plusはデュアルカメラと3GB RAM搭載? 新図面も流出

楽しみ! iPhone 7 Plusはデュアルカメラと3GB RAM搭載? 新図面も流出 1

これならPlusを買ってみたい!

これまでiPhone 6 PlusやiPhone 6s Plusは光学手ブレ補正や画面解像度の違いはあれど、基本的には単純なサイズ違いのバージョンでした。しかし今年の「Plus」にはよりドラスティックな変化があるかもしれません。実績のあるアナリストのミンチー・クオ氏は「今年の新型iPhone(通称:iPhone 7 Plus)デュアルカメラと3GBのRAMを搭載する」と報告しているのです。

iPhone 7 Plusへのデュアルカメラの搭載は以前より報告されており、またその筐体とされる画像も流出していました(上画像)。しかし、3GBのRAMというのは初耳です。なんでも報告によると、この3GBのRAMは画像処理性能の向上のために搭載されるんだとか。最近はiPhoneの背面カメラの画素数も向上していますし、それを2つ搭載して合成するのだとすれば、それなりのRAM容量は必須でしょう。

楽しみ! iPhone 7 Plusはデュアルカメラと3GB RAM搭載? 新図面も流出 2

さらに、海外サイトのuSwitchは新たなiPhone 7/7 Plusとされる図面を公開しています。画像を見るとiPhone 7は少し大きなカメラを、そしてiPhone 7 Plusはデュアルカメラを搭載すると思わしき構造になっています。

またこちらの画像ではヘッドホンジャックがありませんね! さらに周辺機器を接続できるSmart Connectorも存在しているなど、これまでのうわさ通りの図面となっています。カメラ部分は相変わらず少し飛び出していますが、それで綺麗な写真が撮れるのなら僕的には許容範囲かな〜という感じです。

来年登場する新型iPhone(通称:iPhone 8)の噂ばかり先行する昨今ですが、これまでの情報を見るに、iPhone 7はアンテナ線の移動やヘッドホンジャックの廃止、Smart Connectorの搭載など既存技術による改良を目的としたモデルになるようです。先日の決算発表ではiPhoneの販売不調が目立ちましたが、iPhone 7では苦境を跳ね返すことはできるのでしょうか?

source: 9to5MacThe Verge

(塚本直樹)