iPhone 7はより複雑に? サプライヤーが作業員を早期募集してるらしい…

iPhone 7はより複雑に? サプライヤーが作業員を早期募集してるらしい… 1

やっぱりカメラかな?

例年通りなら今年の秋に発売される新型iPhone(通称:iPhone 7)。どんなアップグレードがあるのかはAppleの社員のみぞ知るわけなんですが、今回気になる情報が入りました。台湾紙の経済日報によると、Apple製品のサプライヤー例年よりも早期に作業員を募集しているというのです。

報道によると、今回のFoxconnやPegatronなどの生産を請け負っている企業による募集は例年よりも1カ月も早いものとのこと。そこから推察される理由として「iPhone 7が従来よりも複雑な機構になる」可能性があげられそうです。

その複雑な機構としてありえるのが、デュアルカメラや防水機能の搭載です。デュアルカメラについてはこれまでも本体部品や図面が流出しており、他メーカーのスマートフォンでもデュアルカメラの採用例があります。常にスマートフォンのカメラ画質をリードしてきたAppleですから、カメラに新機構を取り入れてもおかしくはありません。

そして、iPhone 7は防水に対応するという情報もあります。こちらはパーツの流出などはまだないのですが…ただ、精密機器を防水仕様にするには内部構造に工夫をこらす必要があります。「Galaxy S7」や「Xperia X Performance」が防水に対応した今、そろそろiPhoneも重い腰を上げて防水に対応してくれたらな~と、個人的に期待したいところです。

もしかしたら、今回の早期の人員募集は単に安定してiPhoneを出荷するため…なのかもしれません。今年の新型iPhoneにはどんな革新が待っているのでしょうか?

source: 9to5Mac

(塚本直樹)