iPhone 7はこのデザインに? 図面やダミー本体がリークか

iPhone 7はこのデザインに? 図面やダミー本体がリークか 1

あんまり変わっていない…。

iPhoneユーザーにとって、モデルナンバーが上がるiPhoneはデザイン変更の時期。iPhone 5でディスプレイサイズが大きくなり、iPhone 6で丸みを帯びたデザインになり…と、とにかく見た目が変わってきました。しかし近日流出したiPhone 7とされる図面やダミー本体を見ると、どうも今年の新型iPhoneには大きなデザイン変更はこないのかもしれません。

上の画像の左側はフランスのリークサイトのNowhereelseに掲載された図面、右側はMacRumorsに掲載されたダミー本体とされるものです。両者にはカメラ部分などに差はあるものの、そのデザインはiPhone 6sを踏襲するもの。しかも図面に書き込まれたサイズはiPhone 6sと完全に一致しています。これが本当なら、詳しくない人はパッと見ではiPhone 6sとiPhone 7を見分けられないかもしれませんね…。

図面のほうでは背面カメラがiPhone 6sよりも少し大きくなっています。ただし右側のダミー本体では現行モデルと変わらないように見えます。そしてダミー本体ではアンテナ線は上下にスッキリと配置され、周辺機器を接続できるSmart Connector用のドットも確認できます。9.7インチiPad Proを使っているとSmart Connector接続のキーボードはヤミつきになる便利さなので、ぜひ製品版までこのポートは残っていてほしいものです。

それにしても少々の違いはあれど、どちらもiPhone 6sとほぼ同デザインなのはiPhoneファンにとっては若干がっかりな情報かもしれません。一方、Appleのティム・クックCEOは「次期iPhoneはユーザーにとって、それなしには生活できないような機能を搭載する」と発言しています。これまでのリーク情報を見るに、それは内部的、あるいはソフトウェア的な機能アップのようにも思えます。

やっぱりiPhoneが大きく進化するのは、来年のiPhone 8からなのかな…。

source: 9to5Mac , Cult of Mac

(塚本直樹)