30度で液体になる金属ガリウムが便利な接着剤として使えることに

30度で液体になる金属ガリウムが便利な接着剤として使えることに 1

精密部品のつまみ上げに最適。

私、ドン臭いのでこれまで簡単な工作でけっこう大変な事態を引き起こしてきました。一度はんだごての熱い部分をうっかり握りしめてしまったことがあるんです。

手先が器用な人からすると「お前は何を考えてたんだ」って言いたくなると思うんですが、何を考えてたかというと「人に道具を渡すときは相手が持つ柄の部分を差し出さないといけない」っていうはさみ界のルールだったんです。ドン臭さが伝わりましたでしょうか。

そんな私が「お前は近づくな」と自分に常々言い聞かせているのが瞬間接着剤。たまに「指がくっついちゃった」なんて言ってる人を見るたびに「私は何をくっつけてしまうのだろう」と静かに緊張しています。

このほどMax Planck Instituteが新たに接着剤として発表をしました。それは「温度によってオン/オフ切り替えられる接着剤」というもの。「これなら使えるかも?」とドン臭い私も思わず注目しちゃいます。

こちら、融点がほぼ摂氏30度(華氏85度)という金属ガリウムが原料となっています。金属を溶かす...といわれるとはんだごてを連想して震えてしまう私ですが、どうもこの接着剤は「ただ金属を溶かしてくっつける」ことがポイントじゃないようです。

融点が30度ということは手でぎゅーっと握りしめていると溶け始め、手の平を開いて冷ますと固まるようなレベルです。

溶けている状態で物質に接着させ、冷まして固めるとくっついた状態がキープされると。もう一度温めて溶かすことで、極めて小さな力で引き剥がすことができるそうです。しかも接着した跡などは何も残らない上に、濡れた表面や水中でも機能するとのこと。オンオフを簡単に切り替えられ、かつ表面を傷つけずに引き剥がすことができる接着剤。ではいったい何に応用できるのでしょうか。

たとえば、工場でのロボットによる細かい部品をつまんで移動させて、といった動作は吸着カップなどが使われることがありますが、こうした作業にもこの接着剤は代用できるかもしれません。さらにこれにより繊細な部品も扱うことができるとのこと。プリンターから印刷された紙を自動で移動させたりするのにも応用できるかもしれないし、濡れた表面にも使えるということは外科手術において臓器を一時的に固定させることにも使えるかもしれないとか。

あとはあれですね、誰でもスパイダーマンのように壁を登れるようになる吸着グローブなんかいいかもしれません。

source: Max Planck Institute via Gizmag

Andrew Liszewski - Gizmodo US[原文

(塚本 紺)