リドリー・スコットの息子が監督する人工生命体映画「モーガン」予告編

モーガン

父親似のテイスト?

「エイリアン」などでおなじみのリドリー・スコット監督の息子、ルーク・スコットが手がける初の長編映画「Morgan(原題)」の予告編が公開されました。

こちらは20th Century Fox UKがアップしたもの。

危険性のある人工生命体の生死を決定する企業の危機管理コンサルタントである女性(ケイト・マーラ)が、とある研究所に呼び出され、人工生命体のモーガンをどうすべきか?の判断を委ねられるといったストーリーのようです。

科学者が人工生命体を作るものの、それが暴走を始める……というテーマは昔からありますが、本作は映画が未製作である優秀な脚本のリスト「ブラックリスト(2014年版)」に選ばれた、セス・オーウェンの脚本の映画化なので、多くの人口生命体映画とは一線を画す内容になっているのではないか?という期待が高まります。

「Morgan」は9月2日にアメリカにて公開予定です。

source: YouTube, COMINGSOON.NET

James Whitbrook - io9[原文

中川真知子