ナチスとゾンビとジェット・サメが襲いかかる映画「スカイ・シャークス」予告編

ナチゾンビホラーシャークプロイテーション映画

実は多くのファンが待っていた作品!

南極の氷の中で地質学者たちが見つけたのは、ナチスの秘密研究室。第二次世界大戦時に世界を征服すべく極秘にナチスが進めていた研究は、ゾンビに変貌した兵隊がジェットで空を飛ぶ改造ザメを操り、すべてを恐怖のドン底へと叩き落とすという恐ろしいものだった――

そんなブっ飛び映画「Sky Sharks」(原題、スカイ・シャークス)の予告編をどうぞ!

こちらはNerdistが取り上げた、Screen Anarchyの動画。

映像の内容といい、公式Facebookに書かれたジャンル「ナチゾンビホラーシャークプロイテーション」という説明といい、問答無用のB級感が漂っていますが、「スカイ・シャーク」は1年前にKickstarterで資金募集を行ったところ、907名から9万6千ユーロを超える資金が集まったため、製作にゴー・サインが出た作品。それだけ期待の高い映画だということでしょう!

まるでサメ竜巻映画「シャークネード」と月面ナチス映画「アイアン・スカイ」、さらには「いっそすがすがしい史上最低のゾンビ映画10選」にもピックアップされた「ナチスゾンビ/吸血機甲師団」を全部盛ったかのような究極のパニック系ホラー映画となっているようです。

サメの攻撃は、おそらく実在したドイツの軍人であるヘルマン・ゲーリングとハンス・カムラーから名前を取ったであろう、ヘルマンとカムラーが計画した「Project Himmelsfaust(天の拳)」という作戦として始まります。そして、これに対抗するのがベトナム戦争の生き残り「デッド・フレッシュ・フォー」という軍人たちです。

果たして人類は、ナチスのゾンビ兵ライダーたちのジェット・シャーク攻撃に勝てるのでしょうか? 「スカイ・シャーク」は2017年にアメリカにて公開予定。日本での上映にも期待したいですね!

image by SKYSHARKS - THE MOVIE

source: Nerdist via twitch, YouTube, Facebook

岡本玄介