それは8bitの魔法。「魔法つかいプリキュア」のエンディングをファミコン実機で演奏

それは8bitの魔法。「魔法つかいプリキュア」のエンディングをファミコン実機で演奏 1

キュアップ・ラパパ!(あいさつ)

以前、キュアヤマダが「魔法つかいプリキュア」のエンディングの素晴らしさひたすら語ったコラムがありました。内容としては、全てにおいて同意です。これは尊い

歴代プリキュアの中でも、屈指のエンディングではないでしょうか? 曲の良さもさることながら、CGモデリング、モーションもついにここまで来たか!という出来栄え。最新のテクノロジーを使って、90秒のステージを演出するといった勝負に挑み、見事に勝利したのがこのエンディングであると思っています。

その素晴らしさは、きっとどう形を変えても保たれるものです。

たとえば、BGMの音色が減ったとしても。具体的にはパルス波と三角波とノイズとDPCMだけになろうとも!

…逆にすごいわ!

と変な汗が出ました。こちらは、とらぷ@taivatriによる動画で、不思議な魔法で8bitサウンドへと変換された「CURE UP↑RA♡PA☆PA!~ほほえみになる魔法~」の演奏です。

「凍てつく波動」のドァアアアアァ!という音から始まるあたりに、ドラクエ世代としては心が打たれました。わずか5音色ですが、見事なアレンジで、ファミコンの底力を感じます。そして、制作者の能力の高さに心の震えが止まりません。貴殿は魔法つかいか……。

なお、この方は他にも、

キメラのようなファミコン音源システムを構築していたりします。コナミの拡張音源であるVRC6(たぶん「MADARA」)の3本刺しやサンソフトの「ギミック!」の利用を可能にする怪しい基盤、そして基盤下にこっそりと刺さったFDS(ディスクシステム)カートリッジなど、ぜいたくかつカオスな構造。かつてファミコン全盛期に、

「こんな音源じゃ満足できない!」

というクリエイターたちの思いで創りだされた、拡張音源チップたち。それらがまるで七英雄のように合体して、1つの音源として出現。そこから発せられるファミコンらしからぬ豪勢な8bitサウンドにヤられます。

発売から33年経ってもこうやって遊ばれているファミコンって、本当にミラクルな存在です。まぁ、本来の遊び方とはだいぶ方向性は変わっていますけどね。

source: niconico1,2

キュアコグレ