15歳の男の子が作ったApple博物館

15歳の男の子が作ったApple博物館 1

盗んだバイクで走りだす15の夜...ではなく、しっかり集めた15のAppleコレクション!

15歳と言えば、スポーツや趣味などに情熱を注ぐ青春真っ盛り。そしてこのAlex Jasonくんの情熱は、そうAppleでした。

Alex君は10歳から芝刈りなどをしたお小遣いを貯めて、コツコツとApple製品を集め始め、5年経った今、なんと世界のトップ20に入るAppleコレクターになりました。そして、Alex君、ただごちゃごちゃ集めるだけではありません。博物館にして公開しようと計画中。

15歳だからって最近のiPhoneやiPodのコレクションでしょ?って思うかもしれませんが、いやいや。試作品からコードのマニュアル、NewtonやApple I、そしてNextのコンピューターまでコレクションにはあるんです。スティーブ・ジョブスだってNextのコンピューターは持ってなかったかもしれないのに。Alex君のApple博物館は、彼が高校2年生になるころくらいまでにはオープンできるかもとのこと。

こちらがAlex君所有のコレクションの一部です。

15歳の男の子が作ったApple博物館 2

15歳の男の子が作ったApple博物館 3

15歳の男の子が作ったApple博物館 4

15歳の男の子が作ったApple博物館 5

15歳の男の子が作ったApple博物館 6

15歳の男の子が作ったApple博物館 7

15歳の男の子が作ったApple博物館 8

images by Alex Jason

source: Cult of Mac

Darren Orf - Gizmodo US[原文

(リョウコ)