ペタペタッ。Apple新本社にソーラーパネルが載り出した!

ペタペタッ。Apple新本社にソーラーパネルが載り出した! 1

未来の建物はエコでもあるんです。

目下建設が進んでいる、Appleの新本社「Campus 2」。以前よりドローンがその進歩状況を撮影してきましたが、最新の空撮動画からは屋上へのソーラーパネルの設置など、さらに建設が進んでいることが確認できます。

Spaceship(宇宙船)」とも呼ばれることもあるこの新本社ですが、その特徴として施設の消費電力100%が再生可能エネルギー(ソーラー発電や風力発電など)でまかなわれることがあげられます。

ソーラーパネルは円形の新本社の屋上一面に敷き詰められる予定となっており、今敷設されているのはほんの一部に過ぎません。

ペタペタッ。Apple新本社にソーラーパネルが載り出した! 2

こちらはソーラーパネルのブルーのシートを外した状態。パネルの上になにか荷物が置いてありますが、これはなんでしょうか?

ペタペタッ。Apple新本社にソーラーパネルが載り出した! 3

こちらはソーラーパネルが敷き詰められた駐車場の屋上の様子です。エコなのは確かですが、ソーラーパネルの設備費用も結構かかってそうですね…。

Appleの新本社は来年初頭にオープンする予定です。また、施設の中にはイベントホールや研究&開発施設、それにフィットネスセンターも含まれています。近い将来Appleのイベントに参加する人は、この新本社に招かれることになるんでしょうね。羨ましい!

source: 9to5Mac

(塚本直樹)