前輪部分にポンと付けるだけ。 お手軽な電動自転車キットが楽しそう

前輪部分にポンと付けるだけ。 お手軽な電動自転車キットが楽しそう 1

元の自転車よりもカッコいいかも!

普通の自転車を電動自転車に変身させるキットはこれまでもありましたが、その見た目はいかにも「モーターくっつけました!」って感じで、どうもスマートではありませんでした。もっと目立たない改造キットはないものか…と思っていたところ、前輪部分に取り付ける電気自動車への改造キット「GeoOrbital Wheel」なんてものが登場していたではありませんか!

GeoOrbital Wheelは自転車のハブとスポークの代わりとして、駆動ユニットとバッテリーが組み込まれています。そして、この駆動ユニットがホイールを回転させて前に進むという仕組みです。電動化ユニットを収納するのにこんなにいい場所があったなんて、盲点でしたね!

装着は自転車の前輪を外し、代わりにGeoOrbital Wheelを装着します。前輪を代えるだけだから、装着時間はほんの数分。自転車の取り扱いに慣れている人ならパパっと交換できるでしょう。

前輪部分にポンと付けるだけ。 お手軽な電動自転車キットが楽しそう 2

ペダルを漕がない場合は32km、ペダルを漕げば80kmもの距離を移動できます。これはかなり長距離移動できますね! 80kmもあれば、ちょっとしたサイクリングも楽しめそうです。

装着可能な自転車は26インチ、あるいは700Cサイズのホイールに対応した自転車。速度調整はスロットルで行ないます。さらに、自分でペダルを漕げばユニットの充電も可能となっており、アシスト機能も後日の搭載が予定されています。

GeoOrbital Wheelは現在クラウドファンディングサービスのKickstarterにて開発資金を募集しており、649ドル(約7万円)の出資で1つ予約できます。製品の出荷時期は今年の11月。日本の公道で利用するにはおそらく原付免許が必要でしょうが、こんな気軽な電動自転車で街を流したら楽しそうですね!

source: gizmag

(塚本直樹)