指スケが好きすぎて世界競技にまでしたプロの「指」スケーターがいた!

「指スケ」ことフィンガースケートボードってご存知ですか?

指スケは、足でスケボーするのではなく、まさに指でスケボーを操ります。もちろん指サイズのミニチュアボードで。その指スケのプロがいるんです。Mike Schneiderさん、23歳。高校の時に指スケにハマって以来、指スケでキャリアを築き、今ではプロ用のフィンガースケートボードを製造する会社を立ち上げるほどになりました。

指スケは趣味の世界だけかと思いきや、ちゃんとプロの競技大会まであるんです。たくさんの審査員が見ている中、30秒間ほどの競技時間で、ミニチュアのスケートパークの中でトリックを競います。この指スケを世界中の人がするようになり、競技大会まで開催されるようになったのは、すべてMike Schneiderさんがきっかけ。すごい世界があるもんです。

Source: Hypebeast

Andrew Liszewski - Gizmodo SPLOID[原文

(リョウコ)