「卓球台がなければハイテク企業ではない」―なぜに卓球? そこには意外と深い理由が

「卓球台がなければハイテク企業ではない」―なぜに卓球? そこには意外と深い理由が 1

今年になってシリコンバレーでぱったり卓球台が売れなくなり、ウォール・ストリート・ジャーナルが「ハイテクバブル崩壊の兆しか?」と大真面目に書いてます。

原文には上のような卓球指数のチャートも出ているんですが、縦がVC投資調達額、横が卓球台販売台数…確かに今年第1四半期はともに低調で、恐ろしいまでのシンクっぷり(笑)です。

卓球台を買わなくなったIT企業は大体業績不振になっているらしく、卓球台売ってポルシェを乗り回している地元の販売店経営者ウンさんの話では、Twitterは1年前に卓球台買わなくなってどうしたのかなーと心配してたら今期業績不振で、Intelも1年以上前に買わなくなったなーと思ってたらこのたび1万2000人のレイオフ発表。米Yahoo!に至っては「ずーーーーーーっと1台も買ってない」そうでして、一方好調なGoogleは「山のように買っていったばかりだ」というお話です。あははは。亀ト(亀の甲羅占い)みたいだな。

SaaS年次卓球選手権ではOracle、Dropboxなどがしのぎを削っており、あるソフトウェア企業のCTOは「卓球台がなければ、ハイテク企業ではない」とまで言い切ってます。

日本人の感覚では卓球台=旅館なので、なんで?って思っちゃいますけど、その理由についてシンクタンク「ジョイントベンチャー・シリコンバレー」CEOはWSJ英語版に、「スタートアップはオフィスをGETする閾値をまたぐと最初の卓球台を買うのだ」と語り、自らが創業したゲーム会社で卓球台を買った経験者のSteve Blankさん(現在はスタンフォード大とUCバークレイで起業の講師)は「じいさんの会社じゃないっていうステートメント。『うちはスーツ着ない』って言うのと同じだよ」と言ってます。

昔はビリヤードだったのだけど今の起業家は堅実タイプなので、比較的安くて会議用デスクにも併用できる卓球台を好むみたいですよ? まあ、中にはバタフライの1万円以上のパドル(卓球ベラ。ガット張るわけじゃないので、英語でラケットとは呼びません)をオフィスに隠し持ってる人もいるみたいですけどね。

ただ、そもそもの始まりまで話を戻すと、ハイテク企業が卓球台を買う背後にはもっと深い理由もあるようです。以下、スタートアップデイリーからの翻訳でどうぞ。

卓球台がハイテク企業の名物になったのは1990年代だが、いろいろな有識者に話を聞くと、もともとは「おもしろい福利厚生」という以上の意味があったようだ。今でこそスタートアップに、面白さをアピールするリクルートの道具として使われているが、ハイテク企業と卓球の相性がいい本当の(本来の)理由は、16歳でも60歳でも遊んで戦略的思考の向上を図れる数少ないアクティビティだから、というものだ。

ニューヨーク大学ウェンディ・スズキ神経科学・心理学教授は、卓球活動が脳に与える効果を研究し、これを「ブレインスポーツ」と命名した。考えを同じくする人はほかにも大勢いる。アメリカ精神科・神経科協会のDaniel Amen医師、ニューヨーク・タイムズ伝説のパズル製作者Will Shortzも卓球を「NO.1のブレインスポーツ」と呼んでいる。曰く、勝つのに必要な戦略が『ステロイドでやるチェス』みたいなものなのだという。

へー! わたしゃてっきりゲームのポンから来てるのだとばかり思ってました。わからないもんだなあ…。ちなみに今日はIntelの卓球狂の人から数年ぶりに連絡がきて、この記事書いてたらスラド経由でこんなツイートが目に…シンクロニシティってあるのね…。

image: WSJ

source: WSJ, Startup Daily

(satomi)