使う時だけ大きくなる。家庭用コンパクトサイズのサウナ

とはいえ、うちには置けない。

健康やダイエットのために人気のサウナ。定期的に通っている方も多いのではないでしょうか。家の中にサウナがあれば、いつでも気兼ねなく入れるのに…。そんな贅沢な悩みを叶えてくれそうな製品が登場しましたよ。

こちらは、ドイツの企業Klafsが開発した家庭用サイズのサウナ、「Sauna S1」です。何といっても特徴的なのが、普段は本棚程度の大きさなのに、使う時だけスルスルと前にせり出してくること。ちょうどカメラの望遠レンズのようなイメージです。

通常状態での厚みはおよそ60cmですが、ボタン1つでおよそ1.5mまで伸長。その間わずか21秒という早業です。それだけのスペースがあれば、寝転がっても十分くつろげそうですよね。

使う時だけ大きくなる。家庭用コンパクトサイズのサウナ 1

外装や内装の素材として何層も重ねた木材を採用することで、従来の同型のサウナより40%の軽量化を実現。木製といえども、水気などによって湾曲しにくい製法を使用しているとのことですよ。

気になるのはお値段ですが、現在のところ未定。3つのサイズが用意されており、選べます。コンパクトとはいえ、日本の住宅事情からするとちょっと大きめのこちら。広いお家、十分なお金をお持ちの方なら、一考の余地ありでしょうか。

source: Klafs via PSFK

Andrew Liszewski - Gizmodo US[原文

(渡邊徹則)