Googleが提案する新絵文字、女性キャラが多数登場

Googleが提案する新絵文字、女性キャラが多数登場 1

ガールズパワー!

Googleが新たに提案する絵文字は、女性キャラ。今回、ユニコードコンソーシアムの会議にて、Googleチームによって提案された女性絵文字は、全部で13種類。農家やコック、科学者、医者の他に、教育や音楽など文化や生活に関するものもあります。

女性絵文字を提案したGoogleチームは、今年3月にニューヨーク・タイムズ紙に掲載されたオピニオン記事がアイディアのヒントになったとし、女性絵文字追加で女性キャリアの多様性と、あらゆる場面での女性の権利向上をアピールできると語っています。

ネタ元のBuzzfeedによれば、「女性絵文字はスタンドアローン型ではなく、組み合わせて使う仕様だ」といいます。例えば、コックさんならば、女性絵文字+目玉焼きをコンボで入力することで、女性コック絵文字を出す事ができます。男性絵文字+目玉焼きならば、男性コックとなります。なるほど、このやり方は少々面倒ではありますが、いいですね。性別は入力する側が場合に応じて決めればいいわけです。

Googleが提案する新絵文字、女性キャラが多数登場 2

新絵文字が正式に追加されるかは、まだわかりませんが、たぶん提案通過するのではないでしょうかね。絵文字世界の幅も広がりますし。何よりも、これを提案したメンバーの1人であるMark Davisさんは、ユニコードコンソーシアムのトップなんですね。

そう言えば、レゴのミニフィグの世界でも女性が大いに活躍し始めましたものね。まぁ、自然な流れでしょう。

image: Unicode Consortium

source: Unicode via Buzzfeed

Jamie Condliffe - Gizmodo US[原文

(そうこ)