どうして、航空券って高いのだろう?

燃料費だけじゃないんです。

たとえば、ニューヨークからワシントンDCへ移動するのに飛行機を使う場合、所要時間1時間弱にして、チケット代はおおよそ70ドル(約7,700円)程度。車だと約4時間の距離です。

飛行機は、空を飛ぶのだから仕方ないとか、渋滞に巻き込まれず早く着くから少しくらい高くかかっても厭わないとか......なんとなくそう考えてきた人も多いのでは?

Wendover Productionsの動画によると、飛行機のチケットが高いのはにいる時間以外の分もコストが発生しているからだそうです。

にいる間に発生する費用にはどのようなものがあるでしょうか。空港使用料、数千にわたる種類の税金、パイロットやCAをはじめとする人件費、飛行機(機体)の製造費維持費など。ひとつひとつの小さな費用が積み重なって高額になることが伝えられています。

ちなみに飛行機の燃費は、大型旅客機ですら、約1kmあたり約3.08リットル。事実、数百人の乗客が代金を分け合うと、ジャンボジェット機の場合、一人あたりの燃費は、約3.78リットルで約168kmという効率の良さなのです。

Casey Chan - Gizmodo SPLOID [原文

(Rina Fukazu)