なぜ、いまだに遺伝子組み換え作物が敬遠されるのか?

なぜ、いまだに遺伝子組み換え作物が敬遠されるのか? 1

うーん、なんとなく…?

遺伝子組み換え作物について、なんとなく良くないイメージを持つ人が多いと思いますが、でも実際のところ、遺伝子組み換え作物がなにでできているのかということを本当に熟知している人はほとんどいないのではないでしょうか。

このたび米国科学アカデミーが900以上にものぼる遺伝子組み換え作物に関するこれまでの研究論文をひとつの分析にまとめ、レポートとして発表しました。その中で特に目立った発見は、ずばり、遺伝子組み換え作物は従来の作物と同程度に安全だということ。そしてこの結論にはさらに重要な真実が含まれていていました。それは、遺伝子組み換え作物と従来の作物には何も違いがないということです。

遺伝子組み換え作物には何があって何が欠けているのか、それをはっきりさせたとしても、なぜ遺伝子組み換え作物が敬遠したほうがよいという明確な答えにはなりません。まずいえるのは「農場で育てられたのかどうか」それが私たちが食べる野菜や果物を選ぶときのひとつの基準になっているのではないでしょうか。そしてブロッコリーやバナナに何かを掛け合わせた、いわゆるハイブリッド野菜がかなり前から出回るようになりましたが、その多くが抵抗なく受け入れられています。しかし、実際にはハイブリッド野菜だってまさに遺伝子組み換え作物のひとつです。

今回発表されたレポートの筆者は「遺伝子組み換え作物が技術的なプロセスなのか、一種の製品なのか、その区別が曖昧である」と報告しています。また、「植物遺伝子を改良するための技術はすべて(それが遺伝子組み換え作物であろうと従来の手法による育種栽培の作物であろうと)、食べ物としての安全性の問題を引き起こします。したがって、規制されるべきは製造過程ではなく、その作物自体なのです」とも記されています。

つまり、作物を育てている現地、包装過程、キッチンやレストランに至るまで、サプライチェーンのあらゆる場面において、すべての作物の食品としての安全性の監視が必要だということです。これは遺伝子組み換え作物に限ったことではありません。なぜなら遺伝子組み換え作物は特別なものでも、ましてや最近できたばかりの新しいものでもない、ただの作物なのです。

Ria Misra - Gizmodo US[原文

(SHIORI)