「世界最大の太陽光発電所」日光の反射角度を間違えて自らを燃やす

「世界最大の太陽光発電所」日光の反射角度を間違えて自らを燃やす 1

けが人がいなくて良かったです。

世界最大の太陽光発電所」として、2014年にカリフォルニア州に建設された、イヴァンパ太陽光発電所(Ivanpah Solar Electric Generating System)。先日、その施設内で火事が発生してしまいました。しかもその理由が、自分で自分を燃やした、とのこと。

アメリカ南西部のモハーヴェ砂漠に、4,000エーカー(約16平方キロメートル)という巨大な敷地を誇るこちらの発電所。火災の原因は、日光を反射する鏡である「ヘリオスタット」の方向違いで、施設内の塔に光が向けられていたのだそう。

火災は20分程度で消火されたボヤとのことですが、火が出たのは塔の上側3分の2、高さにして地上90m以上ということで、消防士の方々は大変だったようです。現在は一部の施設のみが稼働しており、復旧作業に追われているとのこと。

こちらの発電所は、392メガワット、およそ14万世帯のエネルギーを賄う力を持ち、ガレージの扉ほどの大きさがあるヘリオスタットは、2枚1組で17万3500組もあります。

しかしそれでも、ここ数カ月は予定していたほどのエネルギーを生産できなかったため、7月31日までを目処に施設の増強を図っていたそうです。今回の火災がそれに関係しているのかは不明ながら、増強どころか減退してしまいましたね…。

「世界最大の太陽光発電所」日光の反射角度を間違えて自らを燃やす 2

施設の広報担当者は、詳細な原因は調査中としていますが、鏡の角度であることは間違いないとのこと。

昨年の2月には、ネバダ州にある太陽光発電所が誤って130羽の鳥を焼き殺してしまう、という事件もありました。エコなエネルギーとして注目される太陽光ですが、一歩間違えれば大惨事になることは、肝に命じておかなければいけませんね。

image by ISEGS, Aioannides

source: AP

George Dvorsky - Gizmodo US[原文

(渡邊徹則)