その名も「ファミリー割増」? 飛行機で隣の席になるには、追加料金が必要

その名も「ファミリー割増」? 飛行機で隣の席になるには、追加料金が必要 1

座席間格差拡大中。

Wall Street Journalが報じたところによると、航空各社は新たな料金体制として、「ファミリー割増」ともいえる制度を導入したとのこと。これを支払わない限り、隣同士の席が保証されないそうなんです。

家族や恋人と旅行に行くなら、隣同士に座るのは自然なことです。しかしいくつかの航空各社では、最安値のチケットでは席の指定ができないそうで、隣同士に座るためには追加料金が発生するとのこと。

これには、座席間隔の拡張が関係しているようです。たとえば、デルタ航空やユナイテッド航空は、足を伸ばせる席の数を増やしています。これは空の旅をより快適にするためですが、その分どこかで料金を回収する必要が出てきたのでしょうね。同紙はまた、アメリカン航空では、実際は通常のエコノミーと変わらないのに追加料金が発生する席もあると報じています。

「ファミリー割増」は、議会をも巻き込んだ、ちょっとした騒動となっています。アメリカ上院議会は4月「飛行機で家族が隣同士に座るために、いかなる追加料金も徴収してはならない」という議案を満場一致で可決しました。同議案は、まだホワイトハウスの承認は得ていません。

快適な旅のため、余裕のある人が追加料金を支払うのはいいとして、金銭的余裕が少ない、若い子育て世代の楽しい思い出はなるべく大事にしてあげたい気はします。家族旅行で席がバラバラなのは、さすがにちょっと寂しいですもんね。

source: WSJ

Bryan Menegus - Gizmodo US[原文

(渡邊徹則)