GoogleとLevi'sがコラボ、自転車乗りのためのスマートジャケット

テック企業とアパレルが手を組めば、ウェアラブルになるのは必至。

GoogleとLevi'sがタッグを組んで、スマートジャケットを開発していることが明らかになりました。Levi'sですから、そこはやっぱりデニムのジャケット。ターゲットは、自転車移動が多い人です。

デニムジャケットの左袖にはセンサーが仕込まれており、ここをタップ/スワイプすることで目的地までの行き方や、聞いている音楽のコントロールが可能。センサーは取り外せるので、ジャケットのお洗濯もできます。まだまだ開発段階であり、ベータ版を今秋リリース予定。本格リリースは来年の春を見越しているとのこと。

詳細はまだこれからわかってくるのでしょうが、まぁ、スマートジャケットやってるぞ、と。メガネや時計だけじゃない、いよいよ服そのものもスマート化だぞ、とね。

スマートジャケットと言われると、正直「バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2」の、サイズ自動調整してくれて、濡れたら乾かしてくれるジャケットが浮かびます。が、現実的に考えられるスマートジャケットは、そっち系じゃないのね。そっか。

source: CNET

(そうこ)