靴箱とかけっこ。プーマの示す未来のトレーニングを見よ

靴箱とかけっこ。プーマの示す未来のトレーニングを見よ 1

エイプリルフールかと思いました。

トラック競技などの実践的なトレーニングといえば、ストップウォッチでタイムを計りながら孤独にラン。そんなイメージをガラッと変えてくれるギアがプーマから登場しました。同社が公開した「BeatBot」は、トレーニングをサポートしてくれる自走型靴箱です。

自走型靴箱ってなんなのさ!と誰もが突っ込みたくなるところですが、そこはグッとこらえて上の動画を見てください。うん、走ってる…プーマの靴箱がトラック上を一直線に走ってる…。

靴箱とかけっこ。プーマの示す未来のトレーニングを見よ 2

賢いことに、BeatBotは単に突っ走るだけの箱ではありません。タイムを指定すれば、それに合わせた速度で走行してくれるんです。たとえば自分の目標タイムを指定するのもいいですし、100m走で「9.58秒」を指定してウサイン・ボルトの世界記録に挑戦することだってできます。

本体は路面を読み取ることでトラックのラインに沿った走行ができます。また本体背部のLEDによるカウントダウンや自分のフォームの録画が可能など、その外見に反してプロフェッショナルな競技者でも活用できるトレーニングガジェットに仕上がっています。

靴箱とかけっこ。プーマの示す未来のトレーニングを見よ 3

BeatBotの良さは、私たちでも直感的にわかります。目に見えないタイムを目標にするよりも、現実に目の前を走るマシンに追いつこうとしたり、また後ろに迫るマシンから逃げるほうが、きっとモチベーションは上がるはずです。馬ではありませんが、目の前に目標があったほうが頑張れるんです。

このように非常に実用的な自走型靴箱「BeatBot」ですが、残念なことに市販の予定は立っていません。こんなカッコいい靴箱とトレーニングできるなら僕もトラックで走ってみたいのですが…本体の構造をみるに、かなり高価なガジェットみたいですね。

source: Slash Gear

(塚本直樹)