銀河じゃなくて、植木を暖かく見守ってくれるR2-D2

銀河じゃなくて、植木を暖かく見守ってくれるR2-D2 1

ちょっと「R2-D2型の墓石」風な雰囲気が漂ってますが違いますよ。

こちら、お庭に置いておく飾りガーデン・ノームの一種。よく、海外の映画やドラマの手入れされたお庭に飾ってある小人の人形のあれです。ガーデン・ノームは、夜にノーム(小人)が庭造りを手伝ってくれるという言い伝えから1800年代にドイツで作られるようになったそうです。でも、ちょっと小人の顔が怖かったり不気味って感じることも…。それにトレンド感がぜんぜんありませんよね。

ということで、ThinkGeekから高さ約43cm、重さ約3kgのR2-D2型のガーデン・ノーム「In a garden far, far away」が登場です。気になるお値段は70ドル(約7,700円)

ガーデナー、ベランダーのみなさん、大切な植物やお花をR2-D2に見守ってもらっては? 夜な夜なお世話してくれるなぁんてこともあるかも!?

source: ThinkGeek

Andrew Liszewski - Gizmodo US[

>原文

(junjun)