世界記録のロングレールスライド、スキーヤー視点で見ると疾走感が止まらない

ビューンとね。

フリースキーヤーのトム・ウォリッシュがスキーのロングレールスライドでギネス世界記録を更新しました。彼が挑戦したロングレールの長さは424フィート(約129.2m)。前の記録である241フィート(約73.4m)を大きく塗り替えたことになります。

GoProをチェストマウントして撮影しているのでウォリッシュ自身は映っていないものの、映り込む彼の影からは、風に煽られながらもレール上を滑りゆくスピード感が伝わります。大幅な記録更新となりましたが、ウォリッシュの離れ業もいつか抜かれる日が来るのでしょうか。

Andrew Liszewski - Gizmodo SPLOID[原文

(たもり)