中国の洗剤CMが物議を醸すとんでもないレイシズム

コミカルな音楽で始まるこのCM。そのエンディングはかなり問題。

こちら、中国企業Qiaobiの洗剤のコマーシャル。お洗濯をしている女性のところに、ペンキまみれの黒人男性が。女性は、洗濯してあげると言わんばかりに手招きしたと思うと、男性の口の中に洗剤を放り込む! ここからがかなり問題です。とりあえず続きをご覧ください。

洗濯機の中に入れられて、出てきたのは中国人男性。人種差別をここまでおおっぴらにしてしまう中国、大丈夫なんでしょうか。

うわ…中国、これ本気?

コミカルな音楽とは反対に、かなりシリアスな問題になっています。

source: Daily Mail

Evan Narcisse - Gizmodo US[原文

(リョウコ)