世界一有名なカラス、犯罪現場から凶器を盗む

世界一有名なカラス、犯罪現場から凶器を盗む 1

悪名高きカラスくん!

カナダで起きた珍事件です。バンクーバーの街中で、男が車に火をつけ、手にナイフを持ち警察官を脅すという事件が起きたのですが、この事件で1番注目されることとなったのは1羽のカラス。男が取り押さえられ逮捕されたあと、凶器のナイフをくわえて持っていってしまったのですからね。ドラマでよく見る、現場保護のためにテープやらロープやら張ってあるところを、空からカラスがヒョイっとね。

幸いなことに、カラスがナイフを落としたので、無事凶器を回収することができました。見ていた人の話だと「警察官がカラスを15から20フィート(約4.5から6メートル)ほど追いかけたところで、ナイフを落とした」とのこと。なんでしょう、おちょくっているのでしょうか。

実はこのカラス、「Canuck」というあだ名で呼ばれる有名なカラスだったのです。足にとりつけられた赤いバンドがCanuckの目印。街行く人々から、鍵やタバコや小銭などを奪っていくことで、地元では知られた相当なワル。有名すぎて、Facebookにはファンページまでできており、2万5000人を超えるいいね!がきています。よくないだろ!

image via Facebook

source: CBC and Vancouver Courier via Newser

Bryan Menegus - Gizmodo US[原文

(そうこ)