フルカラー電子ペーパー登場で、電子書籍がますます捗る

フルカラー電子ペーパー登場で、電子書籍がますます捗る 1

フルカラーがあたりまえのスマートフォン、タブレットの世の中で、Kindleのような白黒の電子インク端末も、それはそれで人気があります。電子インク画面には液晶とは違う良さがあるわけで、そういう私もKindle Paperwhite愛用者です。が、ここにきてE Ink社が、フルカラーの電子ペーパーを作ったって言うんだから、注目せずにはいられません。

E Inkが開発したカラー電子ペーパーACeP(Advanced Color ePaper)は、世界初のカラー電子ペーパーというわけではありません。現に、Pebble Timeはそのディスプレイにカラー電子ペーパーを採用しています。が、再現できる色に限りがありました。また、今までのテクノロジーでは、その色味を白黒ディスプレイを覆うカラーフィルタに頼っていたため、画質劣化や鮮やかな色を再現しにくいなどのマイナス点もありました。これらの問題を解決したのが、今回のACep。

電子ペーパーのディスプレイを作る小さなマイクロカプセルの中に色素をいれ、ディスプレイ上のすべてのピクセルにおいて必要な色を再現するという手法をとっています。ACeP技術を用いて作ることができるディスプレイは、今のところ解像度150ppi。Kindleの上位機種には画質が足りませんが、それも時間の問題でしょうね。とはいえ、ACeP 技術が今後どのように、いつ商品化されていくのかはまだ不明。カラー電子ペーパーも、従来の白黒電子ペーパーと同じく、省電力で、暗い場所でも画面が見やすいということです。

フルカラーKindleが登場すれば、雑誌も読みやすくなります。読書が主な用途でタブレットを使っている人は、ますますKindleで十分事足りるようになりますね。

source: E Ink Group via Business Wire via SlashGear

Andrew Liszewski - Gizmodo US[原文

(そうこ)