目指すはスマホ断ち! 子ども向け、4泊5日の無人島合宿プラン

目指すはスマホ断ち! 子ども向け、4泊5日の無人島合宿プラン 1

ぜひ大人向けも…。

兵庫県は、スマートフォンでのネット利用や、コミュニケーション依存に陥っている子どもたちを対象に、「スマホ断ち」を目指す合宿を開催するそうです。

場所は瀬戸内海の無人島。自然体験施設にて、シュノーケリングやカヌー、自炊などを体験する、4泊5日の行程です。最終的には「基本的な生活習慣を取り戻す」ことを目標としているのだそう。

たしかに、デジタルネイティブとも呼ばれる今の子どもたちは、生まれた頃からネットワークに囲まれる毎日。家に帰っても、眠っている間も、友だちとのコミュニケーションを課せられている状態です。

さらには、大好きな動画もマンガもたっぷりあるわけですから、インターネットを止めるのは大変なことですよね。

合宿では、スマホは「あえて」持ち込み可なんだそう。これは、友だちと遊ぶこともできるのになぜスマホを選んだのか、を考えさせるのが狙いとのこと。

この合宿は2014年に静岡県でも行なわれており、その後の使用頻度が減った、忍耐力が向上したなどの効果もあったそうですよ。

便利な反面、子どもにどこまでインターネットを利用させるかは、世の親御さん共通の悩みかと思いますが、もしご自身のお子様にスマホ依存症の兆候があれば、一考の価値ありかもしれません。

image by Takuma Kimura on Flickr

source: 毎日新聞

(渡邊徹則)