映画「死霊館2」のもととなった現実に録音された「霊の声」

死霊館 エンフィールド事件

少女の口からこんな声が出るなんて……

「エクソシスト」に次ぐ史上第2位の全米興行収入を記録した、最恐に怖い心霊ホラー映画「死霊館」の続編「死霊館 エンフィールド事件」は前作と同じく、実在する超常現象研究科のウォーレン夫妻が主人公。彼らが実際に遭遇したエンフィールドのポルターガイスト事件をもとにした作品です。

そんな本作の中でも描かれる、現実に事件で録音された霊の声、そして被害者の家族と事件の解決に挑んだロレイン・ウォーレンが当時を振り返る映像が公開されています。

こちらは/Filmが取り上げた、Warner Bros. Picturesの動画。

「死霊館 エンフィールド事件」は英国のエンフィールドで4人の子供を抱えるシングルマザーが経験した、史上最長期間続いたポルターガイスト現象が題材。

映像に収められている、うなるような声はポルターガイストの恐怖に苦しむ少女ジャネットに実際に憑依した霊のものです。1977年の8月に事件を扱ったウォーレン夫妻が記録したもので、映画の中でもこの声をかなり忠実に再現したものが聞けます

当時、家族に何が起こったのかを冷静に話すマーガレット、そして襲いかかった恐怖体験を思い出して声を震わせる、霊に憑依された経験を持つジャネット、苦しむ一家を守るという使命に燃えたと語るロレイン・ウォーレン本人の姿も。

超大作「ワイルド・スピード SKY MISSION」を手がけ、2018年公開予定のアメコミ映画「アクアマン」の監督にも決まっている、ヒットメーカーのジェームズ・ワンが、パトリック・ウィルトンヴェラ・ファーミガのコンビとともに送る「死霊館 エンフィールド事件」は前作に続き、今回も心臓が飛び上がるほど怖い作品に仕上がっている予感がします。

「死霊館 エンフィールド事件」は7月9日(土)新宿ピカデリーほか全国公開。

(C)2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC ALL RIGHTS RESERVED

source: /Film via YouTube, 映画『死霊館 エンフィールド事件』公式サイト, IMDb

中川真知子