シンプソンズに登場して現実になった発明品10選

アメリカの国民的アニメ、ザ・シンプソンズ

1989年から始まり、米国テレビ史上最長記録を誇るテレビシリーズです。そんな長年愛され続けるフィクションの世界から、少なからず影響を受けた発明品は存在するはず。

現実世界と比べれば、カートゥーンのなかで架空の発明品を描くのは簡単かもしれません。それに、初めてアイデアを世に出したのが必ずしもシンプソンズではないかもしれません。

それでも以下のアイテムたちは、偶然か必然か、今の社会に実在しています。すっかり馴染んでいるものから奇想なものまで多種多様。牧場シミュレーションなど、日本でも話題になったゲームもありますよ。

Alltime10sが厳選した「シンプソンズで予測された発明品10選」は、こちらからどうぞ。

※ 動画での発表順位は逆から

1. 血を噴き出す広告掲示板(Blood spraying billboards)

2. 皮肉発見機(Sarcasm detector)

3. 左利き専門用品店(Left-handed stores)

4. スマートウォッチ(Smart watches)

5. オートコレクト機能(Autocorrect)

6. 飛行機レストラン(Airplane restaurants)

7. 赤ちゃん語 翻訳機(Baby translators)

8. ハンバーガー ヘッドフォン(Hamburger earmuffs)

9. 牧場シミュレーションゲーム(Farmville)

10. 3Dプリントケーキ(3D printed cakes)

Casey Chan - Gizmodo SPLOID [原文

(Rina Fukazu)