Siri開発者がAppleを続々辞める中、Siri開放×Siriスピーカーの噂

AmazonのEchoに続け!

しゃべって動かす家電がアツい16年春。I/Oで発表された「Google Home」(動画上)に続き、AppleもSiriスピーカーを出してSiri SDKを開放するという噂が煙をもうもうと上げて広まってます!

噂の出元はThe Wall Street Journal元記者らが運営するシリコンバレーの有料ブログ「The Information」。開発に詳しい筋の話として伝えたところによりますと、スピーカーとマイクがついてて音楽やニュースを聴いたりできるものとのこと。Siri SDK開放の発表は早ければ来月13日(米時間)のWWDCのステージになるそうです。

「ということはiOS 10、ひょっとするとOS X 10.12にも組み込まれるのかな?」とMac Rumorsは書いてますよ。「Siri for Mac」がWWDCで発表されるっていう噂が本当なら、そうなりますわね。

AppleのSiriで動かせる他社製アプリはYelpとOpenTableとかの提携先だけで、Siriは成熟度がイマイチ。Siri開発初期メンバーは、iCloudとiTunesの派閥争いの板挟みに辟易して会社を続々去りました。4月にはクラウドエンジニアリング部門元アーキテクトのSteve D’Aurora氏、今月はその上司だったDarren Haas氏がともにGEに転職したばかり。

Siri共同創業者2人(とっくの昔に辞めてる)は今月TechCrunch主催イベントで次世代AI「Viv」を発表し、「Siriよりイイじゃん!」と専らの評判です。

我が道を往くSiri創業者

Appleはプライバシーの懸念があるためサードパーティーに開放するのは控えていた模様ですが、AmazonとGoogleが家に攻め入る今、ただ傍観しているわけにもいきません。

AmazonはAlexa SDKを開放することでSpotify、Uberなど強力な味方を引き込むことに成功し、Alexaは着々と学習能力を上げています。Amazonを見習ってプラットフォームを開放する戦略に出たApple。ほかのアプリやサービスもSiriで操作できるようになれば、ぐんと改善が進みそうですね。

source: The Information, MacWorld, WP, Gizmodo

(satomi)