幻に終わった「AKIRA」のSNES版ゲームの映像が公開

幻のゲーム版「AKIRA」

今リリースされたら大ヒット間違いなし?

映画版をもとに初代ファミコンのゲームも発売された、大友克洋さんの傑作漫画「AKIRA」。実は1988年にSNES(北米版スーパーファミコン)とメガドライブ、それにメガCDとゲームギア用にもソフトが開発されたのですが、発売には至りませんでした。

そんな幻のゲームのオープニングとプレイ動画が公開されています。

こちらはGameTyrantが取り上げた、Unseen64の動画。撮影されたのは、1994年にシカゴで開催されたコンシューマー・エレクトロニクス・ショーの会場とのことです。

一人称視点のレースゲームから一人称視点の迷路ゲームになり、横スクロールクォータービュー・アクションにもなってしまうという自由さ。ファミコン時代の死にゲーとは完全に別モノです。

Hardcore Gaming 101では、当時の開発者を探し当て、いろいろと話しを聞くことに成功した記録が残されています。

まず、このゲームはアメリカ人が日本サイドから開発のOKをとり、THQから発売される予定だったそうです。しかし子供ウケが悪そう、他に似たゲームがあった、プロジェクト・マネージャーがSNESの限界を理解していなかったため同意を得られなかった、などの理由で計画は頓挫。

さらにはリード・プログラマーの辞任や、その他の業務が忙しくなりすぎたといった不運がいくつも重なり、開発は全体の25%くらいでストップしてしまったそうです。

今であれば世界中の有志が集結して、完成させてしまう気がしますが……このままお蔵入りさせておくにはもったいないゲームではないでしょうか?

Image by Hardcore Gaming 101

source: GameTyrant via YouTube, Unseen64, Hardcore Gaming 101

岡本玄介