太陽光だけで世界一周中のソーラー・インパルス2、オクラホマ州に到着

太陽光だけで世界一周中のソーラー・インパルス2、オクラホマ州に到着 1

世界一周に挑戦中のソーラー・インパルス2は、アリゾナ州フェニックスからオクラホマ州タルサへと1,000マイル(約1609.3km)の飛行に成功しました。太陽光エネルギーだけで動く同機は、真夜中にタルサに到着しています。

ベルトラン・ピカール氏の操縦による18時間のフライト平均時速は約87km。ゆっくりとした速度なのは、約940kgのリチウムバッテリーを充電するために、1万7000個のソーラーパネルを飛行機の翼に積んでいるからなんです。

旅路はまだ続きます。このあとはニューヨークへ向かい、ヨーロッパあるいは北アフリカを経由して、そして最後はこの挑戦の出発点となったアブダビへ。世界一周達成まであと少し。がんばれ、ソーラー・インパルス2!

Image: Solar Impulse

Jamie Condliffe - Gizmodo US[原文

(たもり)