温暖化の影響で美味しいワインが飲めなくなるかも?

温暖化の影響で美味しいワインが飲めなくなるかも? 1

ワインが好きな人は、とっくに気づいているかもしれませんが…。

温暖化の影響でワイン用ぶどう収穫日が、世界中で年々早まってきていますよね。コロンビア大学とハーバード大学の研究者たちがフランススイスにおいて、この400年の間で早めに収穫された年をリサーチしてみたところ、過去にも異常なほどに早く収穫時期を迎えてる年が数年あったことを発見しました。

数世紀前、ピノ・ノワールやシャルドネといった、早い時期に収穫されるぶどうから作られたヴィンテージワインは、特定の気候パターンから好影響を受けていました。それは、涼しく、非常に湿った気候のあと急激に熱く日照りがつづいて収穫が早まるというパターンです。しかし、ここ数年は寒く湿気の多い季節がなく、ずっと気温が高いことが原因で収穫が早まってしまっているのです…。これは、いいワインができるぶどうの一般的なパターンとは真逆であり、大きな問題になっています。研究者の中には、ワインの味がおちるだけでなくぶどう自体が育たなくなる危険性があると警告する人もいるようです。

ただ、この危機は不可避ではないかもしれません。もっと温暖な気候で美味しい実をつけるぶどうの品種に変える方法、ぶどうには少し寒すぎるかも!?と思うエリアでを育てるなど、研究者たちが未来の美味しいワインのために研究を進めているからです。

恐らく、この世からワインが消えるなんてことは無いとは思いますが、今わたしたちが味わってるワインと同じレベルのものはなくなってしまうかもしれません。これぐらいでしかたないか…というレベルになるのか? 研究者と職人の知恵と努力で、今までと同じかそれ以上に美味しいワインができるのか? 今後の対策に期待しましょう。

Ria Misra - Gizmodo US[原文

(junjun)