スマホのカメラにつけるだけで、顕微鏡みたいに使える超薄型レンズ

スマホのカメラにつけるだけで、顕微鏡みたいに使える超薄型レンズ 1

お子さんにプレゼントしたら喜びそう。

スマホにつけるアクセサリはすでに多くありますが、一風変わったものがまた登場しました。こちらはカメラの部分につけるだけで顕微鏡のように画を拡大できるアクセサリ。「BLIPS」というこちらの商品、Kickstarterに登場するやいなや、あっという間に目標額を達成してしまいました。

何といっても特徴的なのがその薄さ。ご覧のとおり、ちょっとしたテープほどの厚みしかなく、つけたまま持ち運ぶのも簡単そうです。

スマホのカメラにつけるだけで、顕微鏡みたいに使える超薄型レンズ 2

今回登場したのは2つのバージョン。1つは拡大率10倍のマクロレンズで、もう1つは、虫の羽の模様や刃物の先などさらに細かいところまで見えるマイクロレンズ。マクロレンズは0.5mm、マイクロレンズは1.2mmという極薄仕様です。

スマホのカメラにつけるだけで、顕微鏡みたいに使える超薄型レンズ 3

薄いだけではなく、取り外しが容易なところもBLIPSの特徴となっています。

スマホのカメラにつけるだけで、顕微鏡みたいに使える超薄型レンズ 4

実際に拡大できる倍率は、スマートフォンによって変わります。装着する際は、カメラ周りを十分キレイにしましょう。でないと、せっかく拡大していて見ているのがゴミ、または自分の指紋なんてことになってしまいますからね。また利用する際には、十分な光も必要とのことです。

スマホのカメラにつけるだけで、顕微鏡みたいに使える超薄型レンズ 5

すでに目標額をはるかに超えてしまったこちら。商品の発送は9月頃を目標としているとのこと。もちろんスマートフォンだけではなく、タブレットにも利用できますよ。

これを使って、「ミクロの世界」をテーマにしたInstagramアカウントなんて作ったら人気がでるかもしれませんね。

image by Kickstarter - Blips

source: Kickstarter - Blips via PetaPixel

Andrew Liszewski - Gizmodo US[原文

(渡邊徹則)