火星にも夏がきた!

火星にも夏がきた! 1

火星、いつか我々が住むかもしれない星。

火星が地球に近づく今年は、観測に最適。ハッブル宇宙望遠鏡だってこのチャンスを逃しません。そこで撮影された画像にちょっと興味深いことが。

火星にも夏がきた! 2

火星の表面を近くで撮影できたことで、研究者たちは今まで以上に詳細に星について学び、状況を理解することができます。火星マップも捗ります。が、注目すべきは火星表面の氷と厚い雲の層の変化です。表面の氷が減り、空(?)の低い位置に多く雲がでています。画像にある青い部分が雲。全体、とくに右側に多いですね。火星にどんな変化が起きているのでしょう。と、思いますが、これ、火星の季節の移り変わりによるもの。火星は、今、なのです。

火星に季節があることはすでに明らかになっており、そのおかげで火星に水があることもわかりました。しかし、今回の画像から、その季節の変化が思っていた以上に大きなものであることがわかったのです。季節がある星だなんて、ますます親近感がわきますね。

火星にも夏がきた! 3

この画像を見て、すぐ「ジャガイモみたい」と思ってしまったのは、マット・デイモンの影響でしょうか。

image: NASA, ESA, the Hubble Heritage Team (STScI/AURA), J. Bell (ASU), and M. Wolff (Space Science Institute)

source: NASA

Ria Misra - Gizmodo US[原文

(そうこ)